起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2000年7月28日 (金)

組織人 グロービス豆知識(その2)〜社員旅行はどうして始まったのか?

「社員旅行はどうして始まったのか?」

 僕自身は、前職での社員旅行の苦い経験のために、社員旅行をしたいとはまったく思っていなかったのが本音です。

前職での社員旅行では、若手社員が何から何まで手配して、部長を含めてお偉方が好き勝手なわがままを言いつける。基本的には全員参加が原則で、集団で移動して、夜は宴会。また、若手が期待されている役割が決まっていて、その役割に従って行動することも期待されている。少しでも違うことをすると「生意気だ」ということになる。女性社員は、酒のお酌を暗黙の了解のもと強制される。夜は、麻雀をして翌朝、また集団で一緒に帰る。正直いってつまらなかったし、「もう二度と参加するものか」と思いました。

その苦い経験があったので、グロービスでは社員旅行を基本的にはやりたくなかったのですが、意外にも、「行きたい」という声が日増しに高まり、「社員旅行ぐらいする会社にしてよ」という声におされて、結局実施することとしました。

ただし、その際に、僕は以下の条件を提示しました。

①原則自由参加(行きたい人だけ行けばよい。行きたくない人には強制しない)。
②集団行動はしない(行きも帰りも自由。飛行機・車・船・自転車・ヒッチハイ
クなど何でも自由で、日程も前後に自由に組んでよい)。
③拘束時間は、日曜日の夜の食事(午後6時〜8時)だけで、そのときだけはみ
な一緒にする。それ以外の時間は、釣りをしようが、ゴルフをしようが、何でも
自由とする。
④家族およびSignificant Othersの同行も自由(同行者の分は、半額補助)。

ちなみに、僕は今回は、家族連れで参加する予定です。行きは土曜日夕方発の夜行列車のカシオペアで、翌朝に札幌につく予定です。札幌のあとは、富良野でのんびりして、帰りは一週間後の日曜日のエアで帯広から帰る予定です。

GMSのスクールが土曜日終日と月曜日夜に開催されるので、必然的に日程は日曜月曜の1泊2日と確定しました。月曜日の昼間は、会社を閉めることになりますが、原則「創立記念日」ということにすれば、問題ないと判断したからです。

ちなみに、グロービスの創立記念日は、結局8月1日となっています。本来は、会社が設立された日か、あるいはサービスを開始した日を節目にすべきかと思いますが、双方とも意識のうえでの「創立」とかけ離れていました(会社を創ったのは、商法が改正される前の89年末でした。サービス開始は、僕が住友商事に在職中でした)。結局、僕が前職を退職して、100%フルコミットになった92年8月1日を創立日とするのがベストだと判断しました。

したがって、社員旅行中の8月第一月曜日を対外的に創立記念日と言っても、おかしくはないのです。ちなみに、今までの社員旅行先を列挙します。

1995年 金沢
1996年 箱根
1997年 初島(熱海沖合)
1998年 大沼(北海道)
1999年 沖縄
2000年 札幌

 今年も楽しみましょう  。

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/48022760

コメント(0)

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介