起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2005年4月19日 (火)

日本人・アジア人・地球人 中国と韓国の友達へ。Dear Friends in Korea and China

本日も中国で反日デモが起こっている。今回は、上海である。2万人が参加し、一部が暴徒化し、日本総領事館に投石し窓ガラスを割り、日本料理店や小売店の看板や店舗を破壊したらしい。このコラムは、政治的なことを書かないつもりできたが、拙著「人生の座標軸」に記載のとおり、僕は組織人であるとともに、日本人・アジア人である。日本人そして、アジアの仲間として、どうしても黙ってみていられないのである。

数日前には、40才以下の若手起業家が集まるYEO(Young Entrepreneurs Organization)のメイリングリストで、中国で事業を開始している起業家から以下の趣旨のメールが入った。

「中国でビジネス展開をしようと思っているが、竹島問題それから中国での反日感情の高まりなどがあって、今思うように進まなくなってきた。以前、ソウルで、日本が征服している時代に使った刑務所跡地を訪問した。衝撃を受けた。日本政府も過去の事実関係を開示すべきである。そして今こそ、僕らが、何らかの発言をする必要があるのではないか」と。それに呼応する形で、他の参加者からも、「また、今こそ、世界の歴史的事実を中立者が検証し我々の時代で可能な限り過去を清算し、新しい世代の子供達には、全世界共通認識での教育をしていくべきである」。との意見があった。

僕も黙っておられずに以下のとおり、意見を表明することにした。

「難しい問題ですが、僕なりの見解を書いてみます。
中立者が歴史を検証することが良いかどうかもわからないし、全世界共通認識での教育が必要かもわからないです。そもそも歴史というものは、視点によって違ってくるものだと思うので、ある程度の差異はあっても問題は無いと思います。また、他国の教科書や他国の首相の信条に対して、異論を投げかける行為が内政干渉ではないかという意見も根強くあります。それよりもアジア人、地球人として、戦争を体験していない若者として、未来指向の関係構築を訴えかける方が重要だと思います。

一番いいのは、YEO韓国や中国の方々と徹底的に議論してみることだと思います。僕は、過去に満足いくまで議論してきたので、ある程度すっきりしています。議論するためには、自分なりの歴史観を持つ必要があると思います。幕末に、アジア諸国が欧米列強に植民地化される中でおきた明治維新にまで遡り、日清、日露戦争を経ての日韓併合、そして日中戦争までの流れを理解することが重要です。それなくして、一部の歴史認識や一事象を取り上げるのは、誤解を招くし、望ましくない結果を招くと思います」。

そして、続けた。「先ずは、座標軸のX軸にあたる世界観(アジア観)を身に付け、Y軸にあたる歴史観を身に付けるによって、自分なりに何が正しいかがわかると思います。それを、自らのアイデンティティに従い日本人(韓国人・中国人)の視点、アジア人の視点、地球人の視点としてわけて議論をすると、結局違いを認識したうえで(つまり同意をしなくても)、納得して次に進めるのではないかと思います。

日本を引っ張っていき世界に飛び立つ立場の起業家の皆さんが、自分なりの良い歴史観・世界観を持つことは、とても重要なことだと思います。(^^)」。

このメールのあとで、最初の発言者から「アジアの歴史を学びながらアジアのビジネスを考える研究会が発足することにした」、とメールが入った。そして、多くの起業家の方々が参加表明し始めたのである。このYEOは、世界レベルの機関なので、韓国・中国の方々と未来志向の共同声明などが出せることを皆望んでいるのを皆のメールの発言の中から感じ取ることができた。

その反日運動が盛り上がるさなかの一昨日に、別の勉強会で、安倍晋三さんをお招きして、夕食会を開催することになった。僕は、ラッキーなことに、安倍先生の真横に座ることができた。そこでも中国のデモのことや日本の安保理に韓国・中国が反対していることが話題になった。安倍先生と、色んなことを意見交換する中で、新たな発見がいくつかあった。その中で一番大きな発見が、「戦後ドイツは、国家として近隣諸国に対して、損害賠償は一切行っていない」、という点だ。つまり、日本が中国・韓国やアジア諸国に、ODAという形で賠償し、経済、技術移転、人材開発に貢献してきたのにも関わらず、ドイツは一切それを行っていないのである。ところが、中国や韓国は、「ドイツを見習え」、という。日本は、十分に謝罪をしてきていると思うし、アジア諸国への貢献もかなり行ってきている。その事実関係をしっかりと伝えていくことが重要なのでは、との結論に達していた。

会合のあとで、政治家の世耕弘成議員などと赤坂、西麻布のバーで二次会・三次会と称して議論しつづけた。世耕さんは、今回安倍晋三さんを招いてくれた方だ。僕と同い年で、NTT出身ということで、ビジネスライクに話しができるので、親しくさせてもらっている。その夜、世耕さんとは、次のように、様々なことを意見交換した。

「やはり、僕らは、黙っていてはいけないのではないか。日韓、日中関係は、僕らが正しいと思うことをキチンと発言することによってしか、改善しないと思う。台風が過ぎるのを首をすくめて待っていても、解決はしない。偉い方々が発言しないならば、僕らが立ち上がり、ハッキリと言うべきだと思う。ただ、あくまでも、発言の姿勢やトーンは、対決を煽るのではなくて、同じアジアの仲間(友達)として、理解してもらうために発言する、というスタンスは崩すべきではないと思う。これからは、僕らがリーダーシップを発揮して、引っ張っていく時代になってきたのではないか」と。

そして、意気投合して、「ビジネスパーソンと政治家の連名で、ファイナンシャルタイムズ紙などに投稿して、声を伝えよう。そしてゆくゆくは、本を出版しよう。」ということになった。タイトルは、「Dear friends in China and Korea]。つまり、「親愛なる中国と韓国の友達へ」というものにしよう、ということになった。

翌日、二日酔いでお腹に違和感がある中で、時間を見つけながら、以下文章を書き上げた。昼間は会議がびっしり入っているし、夜には次期ダイエー社長の樋口さんの講演会が入っているので、時間はあまりなかった。また、ネイティブにチェックしてもらう時間も無い。こういうのはタイムリーに出さないと意味が無いのだ。「どうせ、日本人が書いているのだから、多少英語のミスはいいでしょう」、という気持ちで、書き上げて、世耕さんの同意をもらって、そのまま投稿した。

文章は、以下のとおりである。

Dear Friends in Korea and China,

As future leaders of business and politics, we are quite concerned about the tension aroused in China-Japan and Korea-Japan relationship. We have many friends in Korea and China. We admire the civilization and cultural heritage that China and Korea have brought to Japan.

Although we share some sympathy to your uneasiness towards Japan's understanding on history, that does not justify the violence towards Japanese citizens visiting China, the attack towards Japanese Embassy, and the boycott of the products made by Japanese companies who have invested and committed to China.

Even though we are in the generation who has never experienced the war, we have been brought up feeling that Japan has kept apologizing to China and Korea. Whenever our Prime Minister visits your countries, we have been demanded to apologize to you. We have been seeing the scenes on TV many many times. .

Our question is "How long do we need to keep on apologizing to you, before you feel satisfied?" It has been already 60 years after the war. You always mention that our apology is not enough by comparing Japan with Germany. But we feel that Japan has been acting in a good manner to compensate to our neighboring nations in a way comparable or in a different way than Germany. Japan has been contributing in a form of ODA to Korea, China and the rest of Asia. We have actually committed to the development of Asia by contributing in building infrastructures, technology transfer, and human development. We have never fought or engaged in the war for more than half a century. We have kept peaceful democracy for the past 60 years.

Our friends in Korea and in China, we feel that it is about time to look to the bright future, not the past.
All of the three countries are very important to the region and to the world. All of us should join together to build the world a better place for all of us to live in.

This is the message that we would like to convey to you, our friends in Korea and China.

Yoshito Hori
Hiroshige Seko

<対訳>
韓国と中国の親愛なる友人達へ、

将来を背負っていく日本のビジネスパーソンと政治家の一員として、僕らは、最近の日中関係と日韓関係の急激な悪化を懸念しています。僕らには、韓国と中国に多くの友人がいます。僕らは、中国と韓国が日本にもたらした文明と文化的な遺産を評価しています。

あなた方が歴史問題で、日本に対して多少の苛立ちを持っていることに一定の理解を示しますが、だからと言って、中国を訪問している日本の市民への暴力、日本の大使館への攻撃、と中国にコミットしている製品のボイコットを正当化することはできないです。

僕らのように戦争を経験したことが無い世代は、僕らの首相があなたの国を訪問するたびに、要求に従って謝罪をするのを見て育ってきました。我々は、 テレビでその場面を何度も見てきました。

ぼくらの質問は、「あなた方が納得するまで、僕らはあとどれだけ謝罪し続ける必要があるのでしょうか?」ということです。 すでに戦争が終結して60年が経過しました。
あなた方は、ドイツを引き合いに出して、日本の謝罪は十分でないと言われます。しか し、日本がドイツと同等あるいはそれ以上に補償に応じてきたことを知っています。

隣国に国家として補償しなかっ たドイツとは違う形で、日本は韓国、中国と他のアジアに政府開発援助(ODA)の形式で貢献してきました。 僕らは、社会基盤整備、技術移転と人材の育成開発に貢献することによって、アジアの開発に専念してきました。僕らは、半世紀以上の間戦争に関与してきませんでした。僕らは、過去60年の間平和な民主主義を維持してきました。

親愛なる中国と韓国の友人達へ、僕らは過去ではなくて、明るい将来に目を 向ける時期になっているのだと認識しています。中国、韓国、日本の3カ国は全て、地域そして世界にとってとても重要な地位を占めます。僕ら全員が、世界をより良い場所にするために協力する必要があります。

これが中国と韓国友人に伝えたいメッセージです。
堀義人
世耕弘成

---------------------------------

どういう反応があるかはわからない。結局ボツになって掲載されないかもしれない。ただ、そうであってもコラムとして残しておくことによって、見てくれる方もいるのではないかと思う。やはり、考えていることをハッキリ述べて、対話をすることを通してしか、この問題は解決しないと思う。僕ら、一人一人が、しっかりとした歴史観と世界観を持ち、決して逃げたり話題をそらしたりすることなく、自らの信念に従い、対話を粘り強く行うことが重要だと思う。

本日(土曜)の昼前に4人の子供をランドクルーザーに乗せて山小屋に向かった。山の上では桜はまだ咲いていなかった。4人の子供達が大きくなるころには、この問題が解決しているのであろうか。今年でもう戦後60年である。60年かかっても結局解決できていないのである。同じアジア人の仲間として、中国人、韓国人と日本人とで、アジア及び世界を一緒になって良い場所にすべく貢献できることを切に祈っている。

この問題を解決できるかどうかは、結局僕ら一人一人にかかっているのだと思う。子供達のためにも、未来指向の関係を構築できるようにすべく対話を重ねる必要があると思う。

2005年4月16日
軽井沢の山小屋にて
堀義人

トラックバック(7)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/48022844
  • グロービス堀義人氏の「韓国と中国の親愛なる友人達へ」 from Zopeジャンキー日記

    堀 義人 blog : 中国と韓国の友達へ。Dear Friends in Korea and China http://blog.globis.co.jp/hori/2005/04/dear_friends_in_4e28.html グロービスの堀義人氏が、参議院議員の世耕弘成氏と連名で「韓国と中国の親愛なる友人達へ(Dear Friends in Korea and China)」という声明を発表している。 <Our friends in Korea and in China, w...……続きを読む

    受信 : 2005年4月20日 (水) 06時29分

  • グロービス社長、堀さんのメッセージから from pacolog!

    グロービスの社長、堀さんが、「中国と韓国の友達へ。Dear Friends in……続きを読む

    受信 : 2005年4月22日 (金) 00時11分

  • アジア円卓会議その1--アジアの中の日中韓関係 from GLOBIS CORPORATION 堀 義人 blog

    ダボス会議を主宰するWorld Economic Forum(WEF)が毎年アジ……続きを読む

    受信 : 2005年5月12日 (木) 15時53分

  • 侵略戦争への謝罪と説明責任 from これでいいの?

    なぜ日本の政府ははっきりと説明を行わないのか。最近の日中、日韓の動きを見ていると歴史の事実が正しく認識されていないように思う。 まず最初に、大東亜戦争(太平洋戦争)は侵略戦争であったか? 戦争は、それぞれの国益が絡み合い衝突したもので、どちらが悪いとか良いとかの問題ではなく、国際法上は認められた行為のはず。ではなぜ日本は侵略国家としての汚名をきせられたのか。日本は大東亜戦争(太平洋戦争)で敗北し、戦勝�...……続きを読む

    受信 : 2005年5月15日 (日) 21時56分

  • 中国韓国日本歴史問題 from ひらりんのBlog

    アジアがアツい!!と言われていますが、 いろんな面で、いろんな意味でアツいと思います。   今回は、中国、韓国と日本の関係に焦点をあてます。 http://blog.globis.co.jp/hori/2005/04/dear_friends_in_4e28.html この記事は、堀社長のブログの中のひとつの記事で...……続きを読む

    受信 : 2005年5月24日 (火) 03時43分

  • 韓国の子供たちが夢見て憧れる、核戦争。 from 「いせぶろぐ」 from 富山

    Children's drawings in the subway!, How cute. (子供たちの描いた絵が地下鉄に飾られています。カワイイ!) ↑ 韓国の地下鉄の駅には子供たちの描いた絵画が展示されています。 でも、どの絵も、韓国と日本の間に戦争を起こさせて、 日本をやっつける!という絵ばかりです。 小さな頃からこんなふざけた教育を受けさせられていては、 子供たちにはいつまでたっても『自ら考える力』は身につきません。 「高校卒業くらいあたりまでに自ら考える力を身に...……続きを読む

    受信 : 2005年6月14日 (火) 23時00分

  • 「日中友好」の罠 from 厨禍Watch

    中国人が「友好」という言葉を使ったとき、我々は注意しなければならない。 中国人にとって、日本人は「お人好しのカネづる」だ。彼らの頭の中には、「どうやって日本人からカネを巻き上げるか」「どうやって日本人を騙すか」という考えしかない。彼らにとって「友好」という言葉...……続きを読む

    受信 : 2006年3月 9日 (木) 03時10分

コメント(6)

  • 中国と韓国に対して、日本がきちっと冷静に自己の考えや立場を
    表明していくことは大変重要だと思うので、今回の「Dear Friends in Korea and China」のような
    メールは非常に嬉しかったです。

    政治家からも、マスコミからも掘さんのような
    趣旨の発言が見られないのはとても残念です。

    私にも中国や韓国に多くの友人がいます。
    自分の非を率直に認めてそれに対して謝罪・反省することも
    大切だと思いますが、きちんと自分のやってきたことを、
    貢献してきたことも踏まえた上で、話をしていくことが、
    相手にとっても本当に誠実な態度だと思います。

    日中韓で幅広い事実に基づいた冷静な議論が行われ、
    お互いが真の友人、パートナーとなれることを祈っております。


    グロービスMBA1生
    オーガニックワイン専門店㈱マヴィ勤務
    義永 忠輝

    投稿者: 義永 忠輝

  • 堀さんが政治的なことに発言を始めているのを見て、ちょっとうれしく思っています。
    それと、アジアとの関係について、キチンと考えていくとは賛成で、その話も含めた本をまもなく6月ぐらいには上梓する予定です。南京虐殺をどうみるかなどについても書いています。
    堀さんのX軸、Y軸の話は、まさにその本に書いていることで、僕は縦軸(時間軸)、横軸(世界の軸)を持つことと本で書きました。
    これからの経営者は、過去200年ぐらいの近代史にはかなり明るくなっている必要があると思っています。グロービスでも歴史や地理(地誌)、環境など、ビジネスの支えになる知識や考え方をクラスとして庭球するといいと思います。

    ただし、一言言わせてもらうと「どこまで謝罪すればいいのか?」という問いは、うまくないでしょう。中国、韓国が問題にしていることは以前からかなり明確です。歴史教科書問題、靖国参拝問題、従軍慰安婦問題、南京虐殺問題など。それらに対する日本政府と日本の世論の反応は鈍く、彼らをいらだたせています。堀さんは僕が、それに対してどう答えるのか、そこをきちんと表現することが必要ではないでしょうか。

    重要なことは、彼らとよき隣人、よき友人であり続けることです。その視点に立って、何を語るべきなのか、ボールは僕らが握っているのだと思います。

    投稿者: paco/GMS講師

  • 堀さんの書いた内容をきっかけに、私もずいぶんあれこれと考えてみました。今回のデモ(暴動)のあり方や背景にある事実誤認など、理不尽な部分を非常に感じます。同時に、こうした問題をどう捉えたらいいのか、自分なりにいくつかのレベルで考えが整理できました。

    1. 謝罪については、やはり私も「いつまで謝罪すればよいのか?」というのは言うべきではないと思いました。今回のデモの有無に関わらず、我々は過去の世代が犯した罪に対して、卑屈にも自虐的にもならず、誠実にそれを謝罪し、犠牲者の痛みを共感しなければなりません。

    2. 現在の中国とのコミュニケーションについては、今回のような日本に対する事実誤認や偏った見解がまかりとおる状況は以上であり、ただ、それを前提として我々が何を伝えられるのか、ということがチャレンジであると思います。何を言っても都合よくゆがめられてはどうしようもありません。ただ、それでも、我々は隣人として、あきらめずに、粘り強く意見を発信してゆかなければならないし、中国や韓国に限らず、こうした一貫した姿勢を国際社会に対して示してゆくしかないのだと思います。

    3. 歴史認識については、避けて通れない問題である一方で、どうすればお互いが過剰な干渉なく、相手のもつ異なる視点を信頼して受け入れられるようになるか、ということが大事だと感じています。日本の近代史に限らず、人類の歴史は進歩と発展の栄光と、数多くの愚行や悲劇に満ち溢れています。こうした歴史の二面性、そして、立場によってそれをどちらからでも語ることができることを我々は認識する必要があります。そして、まず何よりも我々自身が、過去の愚行や悲劇を正当化したり美化したりせずに、ありのままに受け止めて、なおかつ、自虐的にならずに前を向いて誇りを持って未来に向かって進むことが必要であり、安易な正当化をもって「日本の歴史観とはかくあるべし」とするような議論に組しないことが大切だと思いますし、こうしたことを過剰な検閲や干渉ではなく自ら律して実現していくべきだと感じています。

    ・・・ふだんこうした歴史についてゆっくり考える機会がなかったので、堀さんや世耕さんの認識を自分なりに咀嚼してみることができて、とてもよかったと思っています。我々の世代が社会や経済の中心で、しっかりとした歴史観を持って、隣国の人々とよりよい社会の実現に協力し切磋琢磨できるよう、できることからがんばりたいですね。

    投稿者: 馬場勝也

  • 歴史問題は、立場や時代によってその解釈が異なる気がするので、非常にデリケートな問題だと思います。なぜ、今回のような大掛かりなデモ(破壊活動)に発展したのか。単に過去の歴史だけを捉えての出来事なのか。特に若い世代(戦争を体験していないであろう世代)が参加したように見えた今回のデモは、その国での教育について深く考えさせられるものでもありました。

    これからの関係を築いていくためには、お互いの現在および過去を知ることは大切であります。が、過去の事実をどこまで知ることができるのでしょうか?そして、どれが真実だといえるのでしょうか。対話を重ねることなく、破壊活動にでることは、良い関係を築くことはできないと思います。1人1人では出来ている良い関係が、なぜ国レベルとなるとできないのでしょうか?

    黙っていないで行動し続けることが私たちに出来ることだと信じています。堀さんの発信が取り上げられ、対話をもって良好な関係を構築していくきっかけになればいいなと思う今回の内容でした。

    輝ける未来のために、できることから、始める!これしかないですよね♪

    投稿者: cw

  • ご指摘のように、我々は過去に生きるのではなく将来に生きなければなりません。
    その為には、新しい未来に向けて話合い、歴史と文化を尊重し、お互いを理解する努力が必要であると信じています。
    しかしながら、チャーチルが言うように『過去を正しく分析しなければ現在の出来事を正しく見ることができない』ことも事実です。
    過去を正しく認識し、認めた上で、何が必要か、何をすべきかがわかるのだと思います。
    今日の日中、日韓の動きを見ているとそのことが抜けており、歴史に関する無知と誤解から始まっているように思います。
    これは、国民である我々の無学からくるものであり、また事実を知りながらキチンと説明を行ってこなかった政府やマスコミにもその責任はあります。

    1.まず最初に、大東亜戦争(太平洋戦争)は侵略戦争であったか?
    戦争は、それぞれの国益が絡み合い衝突したもので、どちらが悪いとか良いとかの問題ではなく、国際法上は認められた行為です。ではなぜ日本は侵略国家としての汚名をきせられたのか? 理由はそれほど難しくはないようです。日本は大東亜戦争(太平洋戦争)で敗北し、戦勝国による敗戦国を裁くという歴史上例を見ない極東国際軍事裁判(東京裁判)により一方的な裁判を受け入れざるを得なかったというこだと思います。またこれにより戦犯として沢山の兵士も一方的な処分を受けています。
    しかしながら、この裁判の有効性については当初より疑問の声があがり、その裁判の判事として加わったインドの国際法の専門家は裁判の無効を訴えていたとの事実があるようです。また、後に連合軍の総司令官であったマッカーサーも1950年10月のトルーマン大統領との会談で東京裁判の誤ちを認め、日本が開戦の選択肢を選ばざるをえなかったことへの理解を示しています。総合的に判断すると、戦争行為の是非はともかくとして、大東亜戦争は国益を確保する目的から生まれた戦争であり、侵略戦争ではないという解釈が有力です。

    2.侵略戦争でなければ何をしても良いのか?
    その答えはNoであると思います。戦争行為は合法であっても捕虜の扱いなど戦時下においても国際ルールは存在します。その点において日本の行為が妥当であったか否かは歴史の事実を深く調べて見る必要がありますが、少なくとも分析された明らかな事実は存在していないはずです。
    にもかかわらず、政府は戦後の歴史を勉強しないまま、その事実も確認しないまま謝罪を行ってきました。歴史上こうした戦争行為で、謝罪も行っている国はなく、つい最近まで植民地支配を続けてきた欧州諸国やアメリカも謝罪は一切行っていず、同じく太平洋戦争で敗戦したドイツも国家としての謝罪は一切行っていません。
    当然謝罪をすれば、すべての非はわが国にあり、損害賠償という展開になることは言うまでもありません。こうした国家のリーダーたる人たちの無知が、国民に与える経済的・精神的影響をより大きなものにしています。
    いわれのないとまでは言いませんが、侵略し、残虐の限りを尽くした先人の子孫であるとの精神的な屈辱が、国民全体のモラルを低下させ、自信を失わせ、欧米に対しても自己主張をはっきりといえない民族にしてしまっているよう思えて成りません。

    3.日本にはまったく非はなく何もしなくても良いというのか?
    回答は歴史を注意深く検証する必要がありますが、日本は政府開発援助(ODA)を積極的に行い、中国には過去30年で6兆円、旧政府系銀行の借款も加えると10兆円近い資金の提供を行ってきたと言われています。また1965年日韓条約を締結した韓国に対しては当時の韓国の国家予算を上回る巨額の資金が賠償金として支払われています。民間レベルでも、技術援助など企業間レベルでの協力も多く行っています。こうした行為は十分に評価されてしかるべきものであり、政府やマスコミも大きくアナウンスするべきであり、中国や韓国政府に対しても国民への説明を要求することもあわせて考えるべきだと思います。我々国民の血税が使用され、その挙句『日本はとんでもないやつだ』というのは、日本政府も国民に対する説明をどう行うつもりでしょうか。

    4.靖国参拝はなぜ問題なのか?
    中・韓の言い分をそのまま聞けば、『戦犯を祀った社へ一国を代表する人間が参拝することは歴史への反省がない』ということになるのかもしれません。しかしながら、1952年のサンフランシスコ講和条約で日本の独立が認められると、わが国では1953年8月に衆院本会議で『戦争犯罪による受刑者の赦免に関する決議』で全会一致もって採択され、その後、遺族に対しても援護法、恩給法のもと遺族年金、弔慰金の支給が行われています。このことは日本において戦争犯罪者はいなかったことを国が認めたわけであり、戦犯は日本に存在しないことになるはずです。中・韓の国民的感情に一定の理解は持ちますが、国家の命に従い尊い命を捧げた多くの戦死者に、現在国を代表する首相が参拝することは国内法では問題ないはずであり、こうした事実から考えれば彼らの発言は内政干渉以外の何ものでもないということです。さらに、靖国には、幕末維新の志士や、沖縄で悲しむべき死を選んだ民間人も含まれています。問題なのはそうした事実と歴史を正しく国民と海外に説明を行ってこなかったわが国政府にも責任はあります。

    5.竹島は日本の領土なのか?
    竹島は、1905年国際法でわが国の領土として認められ、その後半世紀は日本の領土となっていました。サンフランシスコ講和条約が発効し日本が朝鮮半島の独立を認め、一切の半島での権利を放棄した途端、独立した韓国政府が竹島の領有権を宣言し、その後国際司法裁判所の調停も拒否し半世紀にわたって実効支配を続けています。こうした国家主権をも揺るがしかねない重大事にも政府はあいまいな態度を続けてきたことが今日の問題をより複雑にしていると思います。
    こうした例は竹島にとどまらず、沖縄県の石垣市魚釣島も2つの中国によって実効支配されています。

    これからはますます対話の必要性が強くなってくると思います。
    その為にも歴史と事実を正しく理解した上で、対等な立場で互いを尊重し、両国の将来のためにできることを探ることが必要だと思います。
    そして、今までの過ちを繰り返すことのないよう、広く勉強会などを開き、これからの日本を考える多くの人々の意見も参考にすることを提案したいと思います。
    私も市政への諮問機関にボランティアとして加わっていましたが、志を高くもち、その対象こそ異なるものの明日を考える多くの人々が沢山いることを知りました。この国を引っ張っているのは一部の政治家、官僚や実業家だけでなく、こうした縁の下の力が大きいのだと思います。

    投稿者: TI

  • 私は中国人です。ただ、私の意見は大多数の中国人を代表することできないかも知れません。出身と経歴が違うと、立場も、意見も違うだろうと思います。私は中国の朝鮮族です(ただ中国の都会生まれで、韓国語が分からない)、また10数年前に日本留学した経験があります。
     以上で、私は中日韓三国ともに深い感情をもってます。私は、特に日本に悪い感情をもっていません。もちろん、ほかの国と一緒で、日本人の中には嫌いな人もいるし、いい人もたくさんいます。
     私は中国で大卒した後すぐに日本留学しました。日本留学が私の成長にとって非常に大きい影響を受けました。もちろん、留学中に日本人の保証人、県庁の奨学金、医療保険、学費免除など大変なお世話になりました。今でも感謝する気持ちがいっぱいです。
     残念ながら、私今の仕事は日本と何の関係もありませんが、日本語もだんだんと忘れています。たまたまこのブログを見て、個人の感想を少し述べたいです。
     私は、心から中日韓三国が共栄できることを祈っています。
     

    投稿者: 趙

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介