起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2005年8月17日 (水)

日本人・アジア人・地球人 衆議院選挙に向けて、若手起業家からの提言-「YES運動」

「民間にいる若手経営者に何を期待しますか?」

一ヶ月ほど前に、ある政治家との会食の席上でこう質問した。次期首相になると世論が期待している方が、昼食時に僕のために時間を空けてくれたのだ。頭が下がる思いであった。普段はお会いすることができない方なので、この機会にさまざまなことを意見交換をした。そして、最後に僕から冒頭の質問をさせてもらった。

選挙の応援とか、党の政策集団への参画とか、金銭的な寄付行為とか、そういう要望的答えが返ってくるかと思っていた。だが、意外にも答えは、次のとおりであった。

「もっと声を出してほしい。もっと考えていることをオープンに世間に伝えてほしい。あまりにもビジネス界にいる人は、政治に対して遠慮がちである」。

僕は、その答えを聞いた日から、政治に関してもっと積極的に発言していくことに決めた。それが、無知をさらけだす間違った意見かもしれないし、多くの人に反感を持たれる意見となるかもしれない。だが、恥をかくことや反感を持たれることに恐れることなく、一日本人として発言していくことに決めたのである。

読者の方もお気づきと思うが、このコラム「起業家の風景」でも、政治に関する発言が増えてきていると思う。そう、僕は、発言すると決めたからである。

そして、このタイミングでの郵政法案否決、衆議院解散である。初めて政治が動きそうな期待感を持って僕はみている。今まで、抵抗勢力のせいで、遅々として進まなかった改革が、やっと前に進みそうな気配がしてきた。僕もその改革の実現のために、もっと積極的に発言し、必要な行動をとりたいと思っている。それが、一国民としての使命だとも思うからだ。

僕は、基本的に郵政民営化に賛成である。構造改革を進めなければ日本がおかしくなってしまう。郵政公社のまま、世界最大の銀行や生保が官のまま運営されている現状は納得できない。またその資金が財政投融資として不明瞭に使われているこの流れを断ち切らないと、日本の構造改革はなしえない。

民間が汗水流して働き、創意工夫をして日本再生に努力するさなか、官が高給を保障され雇用を守られて非効率なまま税金が使われている現状に不満を持たないわけが無い。このパブリックセクター(官)にメスを入れて、公務員改革を実施しないと日本の明日は無い。

「小さな政府」賛成、官から民の流れ賛成である。

郵政改革のあとに、公務員改革、政府系金融機関改革、財政改革、税制改革、年金・福祉改革などやるべき課題が目白押しである。このタイミングで、自民党から「抵抗勢力」という膿をはき出し、改革に賛成する議員だけで選挙が戦われるというのは、これほど望ましいことはないと思う。

多くの国民は、改革に賛成する議員のみがいる新しい自民党が勝利して、小泉首相が更なる改革を押し進めていくこにを期待しているのではないかと思う。願わくば、新しい自民党は、若手主体の改革派が中心の運営体制となってほしい。そして、理不尽な外国投資家向けの税制改悪の撤廃を含め、多くの改革を進めてほしいと思う。※参照コラム:ダボス会議での憂鬱-外国投資家のキャピタルゲインに対して

民主党にも友達が多くいる。みな改革の必要性を認識している。であれば、どんどん行動してほしい。改革を本気で前に進める意思があるならば、行動で示してほしい。支持基盤を気にしないで、どんどん正しいと思うことを発言し、行動し、責任政党として改革の提案をしてほしい。そう願っている。

マスコミの論評には、自民党分裂、自民党の危機と騒がれている。僕は、選挙民にとっては、わかりやすい選択になると思う。つまり、改革をしたいか、したくないかの選択だと思っている。

これから、若手の起業家仲間とともに、政治に関する運動を展開しようと思っている。とは言っても、政党に関与するわけではないし、特定の政治家をみんなで応援するというわけではない。

ただ単に、以下の3つを訴えようと思っている。

1) 選挙に行こう。
2) 改革を実現しよう。
3) もっと発言しよう。

これを若手起業家の仲間とともに訴えようと思う。名づけて、Young Entrepreneurs’ Society(YES)とでもしようかと思っている。

今、若手起業家の多くは、ブログを書いている。かなりの発言力を持ち始めている。現在、選挙に行っていないのは、20代から30代が中心である。ちょうどブログの読者層がその年齢にあたる。その方々に、3つを訴えていこうと思っている。

いわゆる、「YES運動」である。

選挙に行きますか? YES!
改革をしたいですか? YES!
もっと発言しますか? YES!

この3つだけを訴えて行きたいと思う。

もしも、今まで選挙に行かなかった人々が、政治に参加するようになると世の中は大きく変わるであろう。そういった方々にもさまざまな意見に触れる機会をつくり、判断する材料を提示する必要があると思う。

僕ら若手起業家からもどんどん意見を発信していこうと思っている。今、動けば世の中が本当に変わる気がしている。いや、僕らの手で日本を変えなければならないのである。

願わくば、もっと多くの方々に発言してももらいたいと思う。
この日本を背負っていくのは、われわれだという自覚を胸に。

2005年8月17日
軽井沢の山小屋で
堀義人

トラックバック(40)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/48022875
  • 平和を争点のひとつに from 5号館のつぶやき

     今回の選挙は意図的に国民投票のように偽装されていますが、衆議院選挙である以上この選挙で政権についた勢力があらゆる国政を担当する内閣を組織します。  そういう意味で、声を大にして言っておきたいことがあります。 この選挙は 決して郵政民営化の是非を問う 国民投票などではありません  というわけで、私もこの選挙で何を争点にすべきか考えていきたいと思います。  もちろん、私の職場の関連で教育問題にもきちんと対応してくれる人に国政を担当していただきたいと思って...……続きを読む

    受信 : 2005年8月17日 (水) 21時44分

  • 甘すぎた亀井と平沼 from 依存症の独り言

    政治とは権力闘争であり、選挙は戦争である。見通しを誤れば、たちまち不利な状況に追い込まれるし、認識が甘ければ敗北する。 その意味で、郵政民営化反対の政治家たちは、政治を甘く見すぎた。特に亀井派においてそれが顕著である。...……続きを読む

    受信 : 2005年8月17日 (水) 21時57分

  • 衆院選でどう変わるか?企業広報のプロが仕切る<自民党の広報> from マネジメントに効く!コトバのサプリ

    今回の衆院選で自民党がどのような広報活動を展開し、それがどのような成果をもたらすかに私は注目しています。なぜなら、今回の選挙戦で自民党の広報を取り仕切るのが、広報のプロである世耕弘成(せこうひろしげ)参院議員だからです。...……続きを読む

    受信 : 2005年8月17日 (水) 22時08分

  • 郵政法案否決・衆院解散-小泉純一郎というリーダー from ■グロービス堀義人ブログ

    「久しぶりにスカっとした」、というのが、今回の解散劇に対する僕の率直な感想である……続きを読む

    受信 : 2005年8月17日 (水) 22時09分

  • 私たちが真の改革をします(選挙は短い言葉が大切) from 時事を考える

    ●私たちが真の改革をします 選挙に勝つにはどうすればいいのか基本は1ワード、多く……続きを読む

    受信 : 2005年8月17日 (水) 22時15分

  • 堀江さん出るんですか? from ポケットオークションのすすめ

    ブログのタイトルを「ポケットオークションのすすめ」に変更いたしました。どうしたらゆとりのある持続的に発展する社会ができるのか、ビジネス、経済、暮らしに関して庶民的な意見をご紹介していきたいと思います。よろしくお願いいたします。 いよいよ自民党が内部崩壊.......……続きを読む

    受信 : 2005年8月18日 (木) 01時05分

  • 堀江さん出るんですか? from ポケットオークションのすすめ

    ブログのタイトルを「ポケットオークションのすすめ」に変更いたしました。どうしたらゆとりのある持続的に発展する社会ができるのか、ビジネス、経済、暮らしに関して庶民的な意見をご紹介していきたいと思います。よろしくお願いいたします。 いよいよ自民党が内部崩壊.......……続きを読む

    受信 : 2005年8月18日 (木) 01時08分

  • 堀江社長出馬? from 微熱日記

    「可能性はあるでしょ」とのことですが。自民党がライブドア・堀江社長に衆院選の出馬……続きを読む

    受信 : 2005年8月18日 (木) 03時27分

  • 時代の文脈と企業が置かれた立場を読み取る企業(松下) from 時事を考える

    R30さんがまた面白い記事を書かれています、「書評:「中村邦夫 『幸之助神話』を……続きを読む

    受信 : 2005年8月18日 (木) 11時43分

  • 痛み分け from 葛葉真紀の棚

    今日も一日、報道は解散総選挙。 小池前環境大臣が小林 興起前衆議院議員の地盤、東……続きを読む

    受信 : 2005年8月18日 (木) 18時32分

  • 韓流ブームの中 衆院選挙へ from 諸葛川

    韓流ブームもどうでも良くなってきた今日この頃ですが、衆院選挙 モードに突入。そんな中、皆様のご意見を集約してみました。 郵政法案否決!!衆院解散総選挙へ!! 株価は一時思いっ切り下がり,其の後少し上昇しました.アナリストによれば否決は織り込み済みだったとか.まぁ,事前に色々と情報は出ていましたから.可決が望ましいけど否決だろうなと. トップページはこちら → Project Zero マスコミの報道に関わらず、経済界はどう見ているかよく分かりますね。 株をやっ...……続きを読む

    受信 : 2005年8月18日 (木) 22時31分

  • 郵政民営化と靖国問題。 from 尾崎友俐 の日記。

    グロービスの堀さんからメールが届いた。 以前から靖国問題などを討論し合う仲なので...……続きを読む

    受信 : 2005年8月19日 (金) 00時15分

  • ホリエモン遂に出馬!(亀ちゃんの刺客として) from 時事を考える

    無所属でつか、ホリエモン頭いいねぇ いろんな含み持たせられる、、、 ★堀江氏、無……続きを読む

    受信 : 2005年8月19日 (金) 14時44分

  • 政党CM from どないよ。

    毎日、衆議院選挙の報道で大賑わいですね。 とんでもない人も出馬するとかしないとか。何でもええんかい。 とゲンナリしたりしますけど 政党CMはまだ出来てないようで、ちょっとだけ楽しみだったりします。 以前の選挙CMで保守党のホシュピタルだとか公明党のい......……続きを読む

    受信 : 2005年8月20日 (土) 00時42分

  • Young Entrepreneurs’ Society(YES)運動 from ベンチャーキャピタルアナリストのブログ

    Young Entrepreneurを自称するのはおこがましいが、Entrepreneurshipを内に秘めていることから参加する資格を持っていると判断し、堀義人氏からの以下の呼びかけに賛同する。 選挙に行きますか? YES! 改革をしたいですか? YES! もっと発言しますか? YES!...……続きを読む

    受信 : 2005年8月20日 (土) 02時56分

  • 構造改革が進めば日本にイタリア人が増える!? 2003.6.X初出 from 仙台インターネットマガジン ★仙台のフリーネット雑誌

    というわけで 何のために死ぬか、というのは 何のために生きるか、と同じ事だと 僕...……続きを読む

    受信 : 2005年8月22日 (月) 15時59分

  • 郵政民営化 造反した自民党議員(参議院) from 「思いつきブログ」 hit on!

     郵政民営化関連貌の参院本会議採決で党議拘束に造反した自民党議員一覧表(当選回数) 反対 旧橋本派 5人 岩永浩美(3)   佐賀河合常則(1)富山 田村公平(2)高知   長谷川憲正(1)比例 吉村剛太郎(3)分   堀内派 3人 田浦直(.....……続きを読む

    受信 : 2005年8月22日 (月) 20時34分

  • そうだ、選挙に行こう。 from サラリーマン日記

    日本というのは不平等な国だなんて最近のマスメディアは報じている。 本当にそうなのか? 私は否だと思う。 日本というの資本主義社会であるけど、極めて民主主義国家である。 ではなぜ不平等になってしまったか? 答えは簡単。多くの国民が選挙に行かなかったからだ。...……続きを読む

    受信 : 2005年8月23日 (火) 00時01分

  • 若手起業家からの提言-「YES運動」 from Convivial Life

    衆院選、ということで ライブドアでも特定の政治云々・・・というのは 制限の対象に含まれてしまうようだ。 さて、「YES運動」とは グロービスの堀氏らが進めている運動で、 選挙に行きますか? YES! 改革をしたいですか? YES! もっと発言しますか? ...……続きを読む

    受信 : 2005年8月23日 (火) 01時57分

  • 標準語訳が必要かなぁ??? from JAMESの日記 ( Dear Mr. Warren E. Buffett )

    いや〜〜〜昨日はねむかった〜〜〜〜〜。 もう少しで「高速道路で居眠り運転」とかになるところだった。 そういうときはサービスエリアでちょっとだけでも寝るべしだ。 土日はやはりゆっくりすべきかぁ・・・。 f:id:JAMES:20030206040226j:image ピンズファクトリーはまだまだ小さいから「スポークスマン」は こいつ(たろう)なんだ。 PINS FACTORY(ピンズファクトリー) http://www.pins.co.jp/ でもスタッフはとても優秀(平均して見ても...……続きを読む

    受信 : 2005年8月23日 (火) 03時46分

  • 3つのYESプロジェクト!! from 横浜国立大学のひとり投資クラブ LONE WOLF

    ●選挙に行きますか? YES! 改革をしたいですか? YES! もっと発言しますか? YES! グロービス代表 堀義人さんがYoung Entrepreneurs’ Society(YES)プロジェクトを発進された。 堀さんの8月17日、20日のブログを......……続きを読む

    受信 : 2005年8月23日 (火) 21時48分

  • グロービス堀氏のYES運動に賛成して。 (総選挙特集第1弾) from la3751の日々雑感

     当ブログにも時々、トラックバックを貼っていただいている グロービス代表の堀氏は、現在、民間の起業家も、選挙に おいて発言し、行動しようと呼びかけていらっしゃいます。 「若手の起業家仲間とともに、政治に関する運動を展開しようと 思っている。とは言っても、政党に関与するわけではないし、 特定の政治家をみんなで応援するというわけではない。  ただ単に、以下の3つを訴えようと思っている。  選挙に行きますか? YES!  改革をしたいですか? YES!  もっと発言しますか? YES!」 ...……続きを読む

    受信 : 2005年8月23日 (火) 23時42分

  • テクノロジーの進歩による直接民主主義!どうよ?! from Entrepreneurshipを探る旅

    8月9日は、長崎に原爆が投下された日。広島のウラン弾と異なり、プルトニウム弾だったということもあってか、爆弾自体の威力は、広島を上回っていたようである。広島から3日、日本はどうなっていたのだろう?戦闘ではなく、外交で決着をつけることはできなかったのか?そんな考えも頭に浮かぶ。60年後の今更、そんなことを思っても遅いのだが、核爆弾が存在する限り、いつ次の広島や長崎が起こるか分からないという危機感は持っておくべきだと思うし、また、そのような事態にならないための方策を考えておくということは、政治家や役人だ...……続きを読む

    受信 : 2005年8月24日 (水) 07時02分

  • 日本を変えるきっかけの一つになあれ!- YES!PROJECT from Entrepreneurshipを探る旅

    経済と政治は深い関係があるけれど、その間には大きな壁があったように感じる。国政選挙ではないが、大前研一氏が都知事選挙に出馬して落選したことに大きなショックを受けたことを覚えている。当時、「大前研一 敗戦記」も読んだけれど、この国は、資本主義や合理性とは縁遠いものなんだとつくづく悲しくなったものである。 時代は変わって、今はblogやSNS全盛の時代。年代層が若ければ、日本はケータイ中心の時代といえるかもしれない。情報の発信は手軽であるし、しかも早い。そんな時代の流れの中で、グロービスの堀さんが...……続きを読む

    受信 : 2005年8月24日 (水) 21時41分

  • ガバメント・ガバナンスの確立と廃県置藩 from YoriのMBA生活

    日本は、選挙である。アメリカに住んでいても新聞社のページなどで日本の様子を知るこ……続きを読む

    受信 : 2005年8月26日 (金) 20時56分

  • YES! PROJECT from 戯言のかなた

    少し遅くなりましたが、私も 「Yes Project」に賛成します。 皆さん、選挙に行きましょう。 関連URL:http://blog.globis.co.jp/hori/2005/08/yes_be60.html ※主催の“グロービス”ってどこかで聞いた事があるなと思ったら、  私が5年前に買った本の監修をしている企業でした。ビックリ。  ......……続きを読む

    受信 : 2005年8月28日 (日) 01時16分

  • 我々は主権者である国民 from おもうこと かんじること

    これまでの記事の中で、なんども「民主主義」について触れてきました。 最近は特に回数が多かったと思います。これまで1年学んできて、アメリカで暮らしてきてみて、改めて、民主主義というものの重要性を認識するようになったといっても過言ではありません。 今はちょうど選挙の時期。 アメリカからもインターネットのニュースなどを通じて、色々な模様を知ることができます。 私が一番悔やんでいるのは、在外選挙人登録というものを忘れてしまったため、今回は投票ができないことです。 [http://blo.....……続きを読む

    受信 : 2005年8月29日 (月) 12時24分

  • Yahoo!ライブトークの感想 from IBAのblog

    Yahoo! Japanライブトーク「選挙に行こう!2005衆院選スペシャルライブトーク今だから聞きたい政治家のホンネ」を視聴した感想。   他党がなんとしゃべろうが、やはり自民(猪口)と民主(枝野)の論戦が中心になった(敬称略)。大雑把に言うと、民主の押せ押せムードでし......……続きを読む

    受信 : 2005年8月30日 (火) 03時39分

  • たまには真面目に 日本のことなど from 休日旅行人

    さてさて、選挙真っ盛りです。 日本はこのままでいいんでしょうか ふと、そんな疑問……続きを読む

    受信 : 2005年9月 3日 (土) 10時48分

  • 痛みかNOか、それが争点だ from 日本の未来があぶない

    自民・公明、衆院選で過半数割れと予想=亀井元政調会長 民主と連立否定−神崎氏 反対派支援に含み 反対派は追加公認せず 武部氏、過半数割れでも 自民・公明で過半数獲得は微妙=自民・加藤紘一氏 候補者?マニフェスト? 郵政解散、各党走る 自公過半数割れなら退...……続きを読む

    受信 : 2005年9月 4日 (日) 20時08分

  • 痛みかNOか、それが争点だ from 日本の未来があぶない

    自民・公明、衆院選で過半数割れと予想=亀井元政調会長 民主と連立否定−神崎氏 反対派支援に含み 反対派は追加公認せず 武部氏、過半数割れでも 自民・公明で過半数獲得は微妙=自民・加藤紘一氏 候補者?マニフェスト? 郵政解散、各党走る 自公過半数割れなら退...……続きを読む

    受信 : 2005年9月 4日 (日) 20時19分

  • エクソダス2005《脱米救国》国民運動を始動しよう! from エクソダス2005《脱米救国》国民運動

    コイズミウソツキドロボウ政権悪徳政治4年の総決算 �@小泉は「小さい政府」と言いながら増税・国民負担増・給付削減を押し付けてきた �A小泉は「改革」と言いながら既得権益を国民の目の届かない私企業に移してきた �B小泉はすでに10年前から米国政府・資本の郵政民営化要求を請け負ってきた �C小泉は景気回復には無策で,救済されたのは大資本�...……続きを読む

    受信 : 2005年9月 6日 (火) 23時59分

  • 直ぐに変わらなくても、いずれ変わることを期待する from MaeMuki.Com

    9月11日は衆院選です。私は二十歳になり選挙権を与えられてから、ほぼ毎回選挙へ行...……続きを読む

    受信 : 2005年9月 9日 (金) 02時23分

  • マニフェストだけで判断できますか?私からの提案… from ☆独断教育日記 Z

    今回の選挙、自民党は郵政選挙といっていますが、 選ぶ国民の側としては、それだけでは済まされません。 様々な判断基準のもと、 誰に1票を投じるのか決める筈です。 しかし、私は不便さ・判断しにくさを感じます。 それは、全候補者を対象とした、共通ア...……続きを読む

    受信 : 2005年9月 9日 (金) 11時45分

  • 2005年衆議院選挙の行方 from いろいろな物事の見方…

    細部の議論というのは官庁の役人がいろいろと苦労をして手配をするものなので、いや、手配すべきものなので、政治家に求めるものはそれとは別の観点であってしかるべきであるように思います。大まかの枠組みについて方向性を策定する、そのようなリーダーシップをどのような......……続きを読む

    受信 : 2005年9月10日 (土) 08時50分

  • 選挙後だからこそ見ておきたいマニフェスト!(高等教育編) from 俺の職場は大学キャンパス

    選挙の前は大手メディアも熱心に報道しますから、マイスターはむしろ選挙後のアフターフォローをしようと思います。というわけで、自民党の選挙公約を復習しておきましょう。このブログ「俺の職場は大学キャンパス」は教育に関する情報を扱っておりますので、今回は教育に関......……続きを読む

    受信 : 2005年9月12日 (月) 00時49分

  • いつから、日本は警察国家になってしまったのか from ニュース・スーパーナウ

    今回の選挙では、結局のところ自民党の圧勝でおわったけど ブログの影響なんてどのくらいかあったのだろうか ブログとは所詮パーソナルなメディアだから 有名人でブログを持っている人はいるけど そもそも、有名人ならブログでなくても影響力は絶大ですね。 個人のサイトを取.....……続きを読む

    受信 : 2005年9月12日 (月) 18時13分

  • 衆院選挙応援を終えて from ボジア通信:カンボジアから思うこと

    9月11日、衆議院議員選挙の投票が行われ、結果が即日開票された。 政経塾の研修で今回は秋田2区から立候補した小野貴樹先輩の事務所でお世話になった。 自民党公認で、いわゆる「造反組」が出た選挙区からの立候補だった。 結果は残念な結果になってしまったが、準備期.......……続きを読む

    受信 : 2005年9月19日 (月) 13時47分

  • 9月分の2 from 真夜中の国語辞典語彙blog

    かいけん【改憲】〈名詞〉地上最強の竹槍が常備品になること。かいけん【改憲】〈名詞〉仮想敵なしに始める再軍備と、「お国のため」に国民を奴隷扱いする内なる敵を作ること。現憲法は日本人の海の外での残虐行為の結果だけではないことについて、爺婆の話しを聞いてよくよく考えなければならない。かいけん【改憲】〈名詞〉1週間は月曜2回と金曜2回となって、土曜と日曜が消えること。かいけん【改憲】〈名詞〉学校から体罰という言葉がなくなること。かいけん【改憲】〈名詞〉軍事ヲタクが大喜びしている状況。かいけん【改憲】〈名詞〉...……続きを読む

    受信 : 2005年9月24日 (土) 18時25分

  • 年末にかけての日本経済を占う次なるテーマは「政府系金融機関改革」 from 月収507円のマネー帝国

    郵政法案も14日には成立との話ですが、小泉純一郎首相が「聖域なき構造改革」の総仕上げとして、掲げているのが、道路特定財源の見直しや政府系金融機関改革など。衆院選圧勝で首相の求心力が強まるのと裏腹に、特定の政策分野や関係業界に影響力を持つ自民党族議員の存在.......……続きを読む

    受信 : 2005年10月10日 (月) 22時10分

コメント(8)

  • 私どものブログへの再度のTB、ありがとうございました。
    この「YES運動」、私も賛同します。

    一国家のリーダーがこれだけ明確に、これだけ情熱を傾けて国民に選択肢を提示しているのに、それをただリビングのソファに寝そべってテレビで眺めている場合ではないと思います。

    もちろん選択肢のどれを選ぶかはその人の自由。しかし、とにかくこの機会に、この国の行く末について考え、発言し、行動すること。最低限、9月11日は投票に行くこと。

    もし今回、そうした大きなうねりを生み出すことなく選挙が終われば、この国はもう手の施しようがなくなるのではないか。
    少し大げさだと思われるかもしれませんが、私はそれぐらいの危機感を覚えています。

    投稿者: コトバのチカラ研究所代表

  • 堀さん、本当に発言しなければ何も理解されないと実感します。
    YES運動やりましょう。

    投稿者: ndb

  • 堀さん:

    YES運動、わたしのほうでも、やらせていただきます。

    デジハリ杉山

    投稿者: sugiyama-style

  • 選挙に行くかとか、改革をしたいかとか、もっと発言したいかとか、幼稚園児にでもするような質問。そりゃそうだろうとか思うに決まってる。そんなこといちいち言ってるんじゃ、誰も動機づけない。

    改革をしたいか、したくないかの選択っていう単純な二項対立っていうわけではないんだと思いますよ。どんな政党だって改革するって言ってるんですから。ネオリベ路線、小さな政府が主流になるのは、おそらくはそうなるんでしょう。でも、そんなことグダグダ論じていてもしょうがない。

    やれることというのは、それぞれが持つ専門知識から導かれる提案を、代議士さんに分かりやすいロジックにして伝えることなんだと思います。いわゆる、ロビイングですね。本当にやる気あるなら、ここからがスタート。それをやる見返りが無いという人は、よほど酷い人を当選させないように、マトモな人の名前を書きに選挙へ行くのみ。でも、投票すら、今の平時の時代には、万人が行く必要はないとすら、私は思ってます。

    投稿者: H.N

  • YES運動は大事だと思いますが、どうやって20代〜30代を選挙に向わせるかが重要だと思います。

    ひとつの案として、私は学生に選挙をもっと身近に感じてもらうことが重要だと思います。中学や高校のときに自分の学校の生徒会の選挙にすら行かなかった学生が、3年後にいきなり国政選挙にいくとは到底考えられません。

    できればどのようなレベルの議員であれ、学生との対話にもっと力を入れていただきたいと思います。代議士だけでなく、地方の議員でも、大学で定期的に公演もしくは授業を持つことは、若い人にとってとても良いことかと思います。各政党の若手がオムニバスにあるテーマを語る機会は、少し政治を知りたい、経済を知りたいという学生には垂涎ものではないでしょうか?

    また、政治家にとってもかなり「オイシイ」企画だとおもいます。話題の東京10区では、わずか7000票差でTopと次点がきまったと聞いています。例えば私の母校では経済学部が一学年約1300人、法学部、文学部、経営学部などあわせると一学年で5000人ぐらいはいると思います。一般的に選挙権があると考えられる3年生、4年生の生徒数は1万人程度であると予想され、その中の25%でも選挙に向かい、5%でも自分に票を入れてくれれば、政治家にとってもやる価値はあるとおもいます。

    このブログのコメントとして書くことではないとは思いましたが、企業家のブログとして、Visionや理念をいかにActionに落としていくかも重要であるとことを理解されることを期待してコメントさせて頂きました。

    投稿者: gk

  • 投稿者:

  • 【必見】検索で見つけた郵政民営化を進める小泉首相
    http://www.doblog.com/weblog/myblog/28388/738768
    いろいろあるね。

    投稿者:

  • まず、どうして選挙に行くのか、1、本当に政治に関心がある、支持する政党、政治家がいる、2、OOさんに頼まれたから(40代,50代、60代) ではなぜ選挙に行かないのか、1、政治なんてわからない、2、政治家なんて誰がやってもいっしょ、3、選挙のときだけお願いして後は何をしてるかわからない だからどうでもいい(20代、30代)この事をまず理解しておく必要があると思います、ただ20代の1部と30代以降の国民は日本を何とかして欲しいという希望は持っていると思います、だから小泉氏が総裁に立候補した時に(自民党をぶっ壊す)というから国民は期待したのです、しかし相変わらずのわけのわからない発言ばかりで何が変わったのかはっきりわかりません、政治家が出るいろんなTVの討論会を見てもますますわかりません、政治に目を向けないのは国民の問題ではなく政治家の問題なのです、もっとわかりやすい言葉で普通に話せばまだ理解できるかもしれません、話している言葉、内容は国民に六法全書を読んで理解しろというのと同じです、評論家の人たちはそれでいいかもしれませんが若者やお年寄りに伝わりますか、それを考えるべきではないのでしょうか、最後に選挙に行こうと言いますがではあなたは(評論家、TVのコメンテーター)どの政党を、どの人を、どういう理由で支持するのか、選挙に行ったら誰を書くのか教えて欲しいですね、なぜなら政治、および政治家の一番近くにいるからです、でも絶対に言わないし、言えないですよね、一番理解している人は何も言わず選ぶのは国民の責任っておかしくないですか、だらだらとした長文すみませんでした。

    投稿者: レオ

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介