起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2006年9月 4日 (月)

組織人 ネットエイジ社の上場おめでとう!

「ネットエイジ上場。公募の二倍の初値」のメールが、香港滞在中に、米国 「レッドヘリング」誌主催のテクノジー関係のコンファレンスのスピーチを終えた後に届いた。

スピーチでは、「日本は進化しつつあり、今魅力的である」ということを、中国やインドに関心が高まっているコンファレンスで、孤軍奮闘喋ってきたばか りだった。ネットエイジ社の上場成功のメールは、僕自身喋ってきたことを追認する形となり、スピーチ後の興奮と相俟って、お祝いしたい気分になっていた。

ネットエイジの西川潔さんとの出会いは、10年近く前になる。僕が、ウィークリーマンションのツカサの川又三智彦社長のお誘いを受け、五反田の近くでスピーチをした際に、聴衆として参加していた西川さんと、講演後に名刺交換 をしたのが最初の出会いであった。

名刺交換の際に西川さんは、「AOLに転職したばかりで、ベンチャーに興味があったので、堀さんのスピーチを聞きにきました」、と仰った。 「それならば、僕が個人的にやっている勉強会があるから、来ませんか?」と お誘いしたのが、二人の付き合いの始まりだった。

その勉強会は、「MBAベンチャー研究会」と称していて、1995年前後に始まったものである。

僕は、1991年のハーバード経営大学院卒業であったが、その当時のMBA生は、まだ保守的で、ベンチャーを 起こしたのは、結局僕一人であった(後に、南場智子さんがDeNAを設立するが、それも卒業後10年近く経ってからのことであった)。多くのMBA仲間をベンチャーの世界に巻き込めなかった反省を込めて、この会は設立された。

「MBAで修得した知識・知恵をベンチャーの世界で活用してもらいたい」、と思い立ち、ベンチャーに興味があ るMBA取得後3年以内の方々を対象として、勉強会を行うことにしたのだ。

入会資格は、「将来ベンチャー企業を起こすか、あるいはベンチャーを支援する側になるかの、どちらかの意思を持った方」であった。

毎月一回グロービスの教室に参加者が集い、スピーカーを招いたり、ビジネスプランを叩きあったりして、ベンチャーに関して学びあってきた。

会の参加者からは、数多くのベンチャー起業家が輩出された。楽天の三木谷さん(当時、興銀を退職しクリムゾン・キャピタル設立)、べーグル&べーグルで有名なドリームコーポレーションの林浩喜氏(当時設立準備中)、富士山マガジンサービスの西野伸一郎氏(当時NTT。後にアマゾンジャパンを設立)などがいた。

ベンチャー・キャピタリストなど支援側に回った人としては、グロービス・キャピタル・パートナーズ(GCP)のパートナーとなった仮屋薗聡一氏がいた。

その勉強会の仲間に、西川さんが加わったのである。西川さんは、そこで西野さんや仮屋薗などの仲間に出会い、アイディアを出して叩きあい、事業アイディアを温めていた。そして、1998年2月に設立したのが、 「ネットエイジ」である。

当然、早い段階からグロービスはベンチャー・キャピタルとしてネットエイジに投資をして、仮屋薗が社外取締役として参画し、全面的に支援した。

僕もネットエイジの渋谷事務所に何度か訪問した。アパートの一室に靴を脱いで上がると、オフィスには学生のようなアルバイトが数名いた。まさに、ベンチャーそのものの囲気が漂っていた。

その後、西川さんは、ネットイヤー(当時)の小池聡さんと意気投合して、「ビットバレー」運動を展開した。

「渋谷の”渋”の”bitter”と”谷”を”valley”に変えて、「Bit Valley」 と命名した。デジタルの単位のビットにかけているんだ。いい名前でしょ う」、と西川さんは教えてくれた。

渋谷のインターネット関連のベンチャー企業が集中している地域を指してこう名前をつけ、毎月一回勉強会のように会合を開いていた。その後、ビットバレーは、数多くのネット企業家を輩出していった。

ライブドア、サイバーエージェントなど若手の起業家が華々しく上場する中、ネットエイジはひたすらインキュベーターとして、数多くの企業を地道に作り続けていた。

ネットエイジに集った若者達が、その後第三世代の企業家として躍進していった。ミクシィを創った笠原さんは、その一人である。ミクシィは、ネットエイジのサポートを得て、飛び立っていった。

そして、会社設立後8年強、グロービスからの投資後7年7ヶ月で、ネットエイジは満を持して上場を果たすのである。

公募価格 600,000円に対して、初値で1,200,000円、引値が1,400,000円という見事な上場であった(グロービスにとっては、投資コストの40倍以上の値がついた)。

この上場は、グロービスの一号ファンドにとっても意味があるものである。これで、グロービスの一号ファンドからの投資件数13件のうち、6件が上場を 果たしたことになる(グッドウィルフルキャストフィスコ、そしてワーク スアプリケーションズなどである

唯一残っている案件が、ドリーム・コーポレ-ションである。この会社が上場を果たせば、13件中7件、つまり投資件数のうち半数以上が上場するということになる。

投資のパフォーマンスも、既に7倍以上のリターンを生み出しているので、1 0倍を優に超えることとなる。

当然、株主としてリターンを生み出せることは嬉しいということではあるが、 それよりも僕は、西川さんの友達として純粋に喜びたいと思う。株主と経営者の関係を超えて、どちらかというと起業家仲間としてお付き合いさせてもらっているからだ。

西川さんは、上場の4日前で多忙であったかと思うが、軽井沢の僕の山小屋で開かれた起業家仲間(YEO)のBBQパーティにも来てくれた。昔を思い出すと、二人で南青山にあったクラブにも遊びに行ったことがあった。西川さんは、いつまでも若さを失わない、永遠の青年という感じである。

これからの西川さんとネットエイジの更なる発展を祈念しながら、このコラムを締めくくりたいと思う。
西川さん>おめでとう。落ち着いたらまた一緒に遊びに行きましょう。(^^)/

2006年8月30日
香港のホテルにて
堀義人

トラックバック(7)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/48022922
  • 【明大生との毎週一問百答】質問を一般公募します! from 経営者会報ブログ編集部

    みなさん、こんにちは! 経営者会報編集部の大西です。 いつも「明大生との毎週一問百答」をご愛顧いただきまして、誠にありがとうございます。 私たち社会人は、夏休みも終わって......……続きを読む

    受信 : 2006年9月 4日 (月) 18時06分

  • あの有名な広告媒体の、キャンペーンが始まりました。 from 今なら3分で無料副収入の道が作れます

    はじめまして、楽しく拝見させて頂きありがとうございます。このたび、ブログに関するサイトを作りましたので、トラックバックをさせて頂きました。貴ブロックの訪問者にも非常に役立つ情報だと思っております。ぜひご訪問頂ければ幸いです。万一ご不要でしたら、お手数ですが削除ください。失礼致しました。...……続きを読む

    受信 : 2006年9月 8日 (金) 14時40分

  • ライブドア事件とMixiの9月14日上場に思う。Part2 from 貞子ちゃんの連れ連れ日記

    Mixiが あさって9月14日に東京マザーズに上場するらしい。 SNSのミクシィが9月14日に上場――時価総額1000億円超も ブックビルディングの仮条件(上場時に提示される仮の想定の株価)は1株155万円前後になるそうです。Mixiの上場後の株式数7万500株をかけると時価総額は1092億円になる。ミクシィの06年3月期の売上高は18億9345万円で、営業利益が9億1236万円。純利益は5億7628万円。 Mixiのブックビルディングの仮条件155万円は なんと将来120年分の利益を先取りして...……続きを読む

    受信 : 2006年9月13日 (水) 10時41分

  • Mixiの9月14日上場に思う。Part3 from 貞子ちゃんの連れ連れ日記

    主幹事証券は大和証券のようです。 なお参考までに ミクシーIPO公開の目論見書はここです。 私はIPO公開前の目論見書と言うものは 実は初めて見たのですが 実に興味深いことの数々が読み取れます。ちょっとだけ世間勉強をした貞子です。(^^; ミクシーの発行済み株式7万500株の公開前の内訳は、笠原ミクシー社長が大株主で62.75%を保有。しかしながら、ミクシーには当然のように公開前からのベンチャーキャピタルが存在しております。株式公開前からミクシーに出資してきたVCとしては、ネットエイジキャピタルパ...……続きを読む

    受信 : 2006年9月13日 (水) 10時46分

  • Mixiの9月14日上場に思う。Part4 from 貞子ちゃんの連れ連れ日記

    大株主(筆頭株主)であるミクシー笠原 健治社長が今回放出する株数は 当たり前といえば 当たり前ですが わずか350株だけ。創業者の笠原氏は一夜にして帳簿上の架空の数百億円長者になるわけですが、彼が今回のIPOでゲットする現金は わずか5億4,000万円余りだけです。 第二株主であるネットエイジキャピタルパートナーズ(株)が今回放出する株も わずか700株(わずか11億円弱の現金をゲット)。 一方、第三の株主であるサイバーエージェント(株)は なんと保有株数(6,000株)の2割以上に当たる1,3...……続きを読む

    受信 : 2006年9月13日 (水) 11時21分

  • いい話 from ネットdeアナリスト

    ブログのキャラと方向性が違うし、 ちょっと前のブログですが、 グロービス堀社長のエントリー と ネットエイジ西川社長のコメント は いい話ですね。 http://blog.globis.co.jp/hori/2006/09/post_1be7.html#more 若い企業家のインキュベーターである ネットエイ...……続きを読む

    受信 : 2006年9月22日 (金) 15時33分

  • mixiの基礎知識、Q&A from mixiの基礎知識

    今話題のmixiって何? mixiの基礎知識を提供します。……続きを読む

    受信 : 2006年9月23日 (土) 13時29分

コメント(2)

  • 素晴らしいコラム、ありがとうございます!いろいろと思い出しながら、しみじみと感慨深く読ませていただきました。堀さんとの出会いがなければ、今がなかったかもしれません。堀さんは私とネットエイジの恩人です!

    永遠の青年というお言葉をいただきましたが、起業ワールドにいる素晴らしさのひとつは、心理的に「永遠の青春」状態にいられることです。なぜなら、常に新しい世界にチャレンジすることになるからです。

    つまり、起業家は、その職業自体に、アンチエージング機能をもっているんです。いやー、起業家ってほんとにイイですね!

    堀さん、こんど久しぶりに二人だけでXXXでたっぷり遊びましょ。おごりますから!!

    投稿者: 西川

  • はじめまして!
    私、日本実業出版社・経営者会報ブログ編集部の大西と申します。
    堀さんのブログ、いつも楽しみに拝見しております。

    今日は、弊社で運営しておりますブログ・コミュニティと、
    その名物企画についてご案内させてください。

    今年3月より弊社では、経営者の方々に対象を絞った
    ネット上の会員制コミュニティ「経営者会報ブログ」を立ち上げました。
    http://gate.keikai.topblog.jp/

    現在、三十数名の経営者の方々が、自らの経営理念はもちろん、
    新しいサービスの紹介や、オフタイムの交友録など、
    さまざまな角度からご自身の“生き様”を語られています。

    この経営者会報ブログに、「明大生との毎週一問百答」という、
    学生と現役社長との質疑応答を実況中継する名物企画があります。

    この企画は、経営者会報ブログのプロデューサーである
    久米信行氏(日本最古のTシャツメーカー・久米繊維工業の現役社長)が明治大学商学部で開講している「ベンチャー起業論」の受講生たちが、経営にまつわる質問を毎週発し、それに対して現役経営者が回答を競作するものです。

    毎週、10名程度の社長さんが、自分の経験を交えながら、学生に対して真摯に答えてくださります。その内容はバラエティに富んでいて、毎週、ブログ読者の感動を呼んでおります。

    現在、明治大学は夏休みに入っております。そこで、当編集部では、明大商学部生に限定せず、広く一般の学生さんから質問を公募しています。質問公募の詳細をまとめたブログ記事をトラックバックさせていただきますので、ぜひ、ご覧いただければと存じます。

    そして、堀さんのブログのファンでいらっしゃる学生さんの中で、「ぜひ、この質問を経営者ブロガーにぶつけてほしい」というテーマがありましたら、ぜひご一報ください。

    よろしくお願い致します!

    投稿者: 日本実業出版社「経営者会報ブログ」編集部・大西啓之

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介