起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2008年12月 8日 (月)

日本人・アジア人・地球人 クリントンからの招待状(2)〜持続性のある発展

いよいよ最初の全体会(プレナリー・セッション)が始まった。

テーマは、「金融危機に対処する」で、登壇者は、ローラ・タイソン女史、スティーブン・ローチ氏(モルガン・スタンレー アジア代表)、中国の政府系ファンドであるCICの総帥、シティ・グループのアジア代表、二兆円規模の資金を運用するヘッジファンドの代表などであった。

ローチ氏の説明がわかりやすかった。「金融危機は、三つのバブルがはじけたのだ。一つ目が不動産バブル、二つ目が信用バブル、そして三つ目が消費バブルである」。

前日のランチミーティングで、BNPパリバの河野龍太郎氏もその消費バブルのことを指摘されていた。米国のGDPに占める消費の割合が70%を超えて72%になった。これは、全世界のGDPの2割を占める。人口が1/30以下なのに、GDPではその消費のみで世界の1/5分を支えているのである。その消費がGDPに占める適正水準は、65%程度であろうと言われているから、その分の収縮が起き始めている。それが、「消費バブルの崩壊」、というものらしい。

さらにローチ氏は続けた。「アジアの経済は輸出志向で、消費がGDPに占める割合が45%程度である。文化的な違いなのか将来に対する不安があるのかは不明だが、貯蓄率が高くて消費に向かっていない」。

「これから世界の比重がアジアに移行していると言われているが、これだけ過少消費で内需が拡大していない経済構造で、本当にアジアの時代と言えるのであろうか」、と最後には声を荒げて、主張されていた。

ここで、僕は考え込んだ。経済学的に言うと、消費はいいことである。消費が進むことによって、設備投資が進み、雇用が確保されて、原材料を調達して生産がおこなわれる。その生産などのために資金の調達が行われ、利潤を生みだされ、結果的に富が創出される。

一方では、その活動そのものが、今度は地球環境を悪化させている原因である場合もある。原油や地下資源を枯渇させ、二酸化炭素をバラまき、不燃物などを生み出す。

つまり、経済と地球環境とかがある程度は、二律背反(トレードオフ)の関係になっているのであろう。

何も「豊かになってはいけない。地球環境が全てである」と僕は言わないが、日本古来の価値観からすると、倹約はいいことであり、浪費をしないのがベストである。一方、自然との共生が大事なので、地球環境には気を使いたいと思ってきた。

そうなると、「地球環境を維持できる範囲の、適度な豊かさがあればいいのでは」と言う結論となる。最近良く言われているのが、持続可能性(Sustainability)である。行きすぎは良くないのである。

経済的には、この金融危機は大打撃ではあるが、持続可能な社会を構築する上では、絶好の機会とも言えるのではないかと思う。日本の「もったいない」の思想が生み出している低エネルギー消費型の社会は、世界にとってはひとつの見本となるべきではないかと思う。大量生産・大量消費から、適度な生産・適度な消費へと移行して、地球レベルでの持続的な発展ができたらと思う。

ところが、そういう議論にはなぜだかならないのだ。「この経済危機を乗り切るために、財政を出動させて消費を喚起しよう」という論調になる。給付金もその政策の一貫なのであろう。個人が今の環境で考えた最善の策の結果が、倹約なのだ。何も消費を勧めなくてもいいように思う。一方、企業は、どのような環境になろうとも対処できる、柔軟性とスピードが必要になるのだと思う。

その間、ヘッジファンドのトップは、根拠なき楽観論を述べていた。やはり、自らの株式ポートフォリオが気になるのか、「株価は12月中には底を打つので、皆で一緒になって買い支えよう。みんなが買えば株価は上がるのだ」との主張であった。

コンファレンスの場所が香港だからか、中国の存在感が自ずと高まっていく。中国の政府系ファンドのトップは、中国語でスピーチをする。そのたびに、会場の参加者がヘッドフォンをして、通訳の声を聞くことになる。

僕は、ふといろんな事を考え始めた。この経済危機においては、日本政府は、「お人よし」だから無条件でIMFに外貨を拠出したが、他国の政府は外貨を持っていることを発言権を高める格好の機会ととらえているふしがある。さらに、他国の政府や企業は、地下資源を買い漁るチャンスであると動き始めている。日本はどうすべきなのだろうか。

色々と考えている間に、パネル・ディスカッションが終了する時間となった。ローラ・タイソン女史が、以下の通り締めくくった。

「金融危機を人類は必ず乗り切ることができる。しかし、地球環境の変化を人類が乗り切れるかどうかは、わからない」。非常にメッセージ性のある言葉で、気分がすっきりとした。会場からようやく拍手がわきあがってきた。

次のセッションの途中で、僕は、パネリストとして登壇する分科会の会場に移動するために、メイン会場をあとにした。僕が登壇するセッションは、「代替高等教育(Alternative Higher Education)」である。つまり、大学に代わる新たな教育が必要になる、というのである。まさにグロービスのためにあるようなテーマであった。

CGIの分科会は、面白い構成になっていた。一時間半を3部構成に分けているのである。
最初の30分でパネル・ディスカッションを行い、題材をカバーする。次の30分がグループに分かれてテーブルごとにディスカッションを行う。そして、最後の30分でパネラーが再度登壇して、グループの意見を吸い上げてまとめる、という構成であった。

とてもわかりやすい構成である。その討議の中身については、僕自身の持論を展開させてもらったので、ここでは割愛して、別の機会に共有したいと思う。ただ、とてもエクサイティングな充実した面白い内容で会ったということだけをここでは紹介させてもらう。

その分科会のあとは、早くもクリントン前大統領による締めのスピーチである。例によって30分遅れてクリントン氏の登場である。彼が主催者なのだが、なぜだか全員スタンディング・オベーションで迎えることになった。

僕がクリントン氏に直に触れるのは、これが3回目である。今回見るクリントン氏は、どことなく疲れているような感じであった。以前会った時のような、楽しそうに話をする様子は無かった。クリントン氏は、壇上でいつものようにコミットメントを4つ紹介して、スピーチが始まった。

スピーチの内容は、感動的であった。「インドネシアのアチェに行った際に出会った女性のことを忘れられない。10人の子供のうち、9人を津波で失ったのだと言う。しかし、9人を失ったことを悲しむよりも、1人が救われたことをポジティブにとらえて、これからは生きていくのだ。経済危機を言い訳にして行動を緩めてはならない。僕らのサービスを必要としている人々がいるのだから、是非今後とも教育、公衆衛生、地球環境に前向きに取り組もう」、という趣旨であった。

スピーチの後には、スタンディング・オベーションでわれらがホストを見送ることとなった。

コンファレンスに参加した期間は短かったが、これが「好奇心の塊」が見た、CGIの風景である。
次の好奇心は、どこに向かうのであろうか。「好奇心の塊」が赴くままに見た風景を、またコラムとして皆様にお届けしたいと思う。

機内では、すでに着陸準備のアナウンスが終わり、フライト・アテンダントがせわしなく動いている。シートベルト・サインが点灯し、飛行機も高度を下げてきた。フライト・アテンダントに催促され、僕は静かにパソコンを閉じることにした。

2008年12月4日
中部国際空港に向かう機内にて執筆
堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/48023002

コメント(5)

  •  熱心にブログに書いて頂き、私としては、大変参考になります。
     いつも楽しみに拝読させて頂いておりますが、たとえば前々回の内容などについて感想などを述べるということは、多くの方々は気後れして、なかなか難しいように思えます(笑)。
     今回のクリントン元・大統領とのことに関しては、やはりという思いがあります。そのことに関しては、堀さんもお感じになられていらっしゃるご様子です。
     二元論と一元論との世界観の違いが、如実に表れているからです。
     ボランティア、チャリティは、本来、思いやりの気持ち(惻隠の情)が先にあったはずなのですが、やむにやまれぬ思いから、行為として形に表れたものがボランティア、チャリティであったのです。
     それが、いつしか分裂し、形骸化し、思いやりの気持ちに裏打ちされていなくても、形だけの行為として通用するようになっていったとき、限りなく本物に近い偽善者が横行しだしたのです。
     偽善者は、一目でわかる海賊や山賊、ならず者といった社会のはみ出し者よりもたちが悪いのです。
     王陽明の有名な一文「抜本塞源論」では、そういうことを説いているのですが、私はやくざ者ですと公言している人のほうが、まだ正直なのですね(苦笑)。
     特に、社会のトップエリートの中で偽善者が横行することで、人心は荒み、ますます混乱していくのです。
     そういう意味で、経営大学院において、真の人材育成を目指されるということは、大変に価値あることだと私も確信しております。
     人心の荒廃を嘆く人たちから、「親子で学ぶ東洋思想塾」などのリクエストもきておりますし、私も江戸・明治期の日本人に負けないように、伝統文化の中でもいいものの体得継承に努めてたいと念じております。
     ここではなくて、メールでと思ったのですが、私のメールの受信のデータが全部消えてしまいまして、それができなくなりました(苦笑)。パソコンに関しては、まだまだ勉強不足です。
     今月、楽しみにさせて頂いております。
    平成20年12月9日(火)
                                     林田明大

    投稿者: 林田明大

  • 私も経済が潤滑にまわるということと、適切な経済規模という
    ことを考えるとき、今までのはかりではゼロ成長でも
    実質豊かさの実感できる社会システムであれば問題ないと思っています。

    そのベースには、消費についても倹約や謙虚なレベルという
    ものが、一定水準ではでてくるのだと思います。

    はじけた消費バブルを、税金バブルでうめかえなおす
    というのは、どだい不安定に思います。

    >「金融危機は、三つのバブルがはじけたのだ。一つ目が不動産バブル、
    二つ目が信用バブル、そして三つ目が消費バブルである」。

    その中で、労働生産性が究極に高まっていったとき
    余剰となる労働力に、どのように労働を分配するかという
    問題が、自然と出始めているのが今の状況のようにも
    思います。

    投稿者: 中尾信之

  • おつかれさまです。いつも、楽しく拝見させて頂いております。
    今回のサブプライムに発する不況ですが、「本当に100年に一度の不況なの?」というのが、実感です。
    自分は、とりたてて恵まれてもいないサラリーマンですが、周囲も自分も、全然影響がありません。
    町は、いつもと同じように活気がありますし。
    景気には、コンドラチェフとか、長い景気循環があるので、ただの、自然な景気の下降期ではないかと思ったりします。
    自然な景気の下降期に逆らって、人為的に上昇させようとするから、バブルが破裂したりするのではないかと。
    景気には、波があるので、いつも右肩上がりを想定せずに、投資(設備投資や雇用)をしていたら、影響が軽微ではないかと。
    といっても、派遣労働者の方は、大変なようですので、会社の派遣労働者の雇用比率を、全社員数の5%に絞るとか
    、そういう法律ができたらよいなと思いました。

    投稿者: だいこん

  • 堀学長様
    いつも感動のブログを有難うございます。
    「好奇心の塊」という言葉、素晴らしいと思いました。
    「何事にも挑戦し続ける人」というイメージを感じました。
    好奇心によって突き動かされ、それが普遍的でかつ正しい道ならば勇気を持って意思決定し行動に移し、継続す
    る。
    共感の念を強く持ちました。

     先日「吾人の任務」を読了し終えて、堀学長の「好奇心」と
    はポジティブに挑戦しアクションを、イノベーションを起こし
    続けていくことではないだろうかと深く感動しました。
    堀学長の志、ビジネススタイル、思考方法、マネジメントに共感するところが多く、先日私の会社の社長に一冊贈呈させてもらいました。我が社の社長は大変に参考になると喜ばれ、嬉しく思いました。

     「吾人の任務」の中に散りばめられている文章は普遍的であり、且つ目標であり、夢ではなく、企業がこれから生き残りをかけていく中で忘れてはいけない指針と思い、大事に心に刻んでいます。

    生き残りをかけるということであれば、目の前のことに一喜一憂し、自社の利益や収益だけに目がいってしまう愚かなことになりそうですが、本書に巡り合えたおかげで、私は業務中にも「吾人の任務」の文章を思い出し、スタッフの幸福と満足、そして顧客の笑顔と満足を見ることに主眼を置いて仕事ができるようになりました。
     また100年に一度の経済危機といわれていますが、この時を100年に一度の変革のチャンスと捉えることができ、このような時代こそ会社を前進させる機会と、すべてを飛躍台に!との信念を持つことができました。
     
     これからもマネジメントに専念する私達、そしてすべのビジネスパースンに向けて灯台となるようなメッセージを配信して下さることを嬉しく、また、楽しみにしています。
    毎回、トップセミナーに参加させて頂き、勇気と挑戦の心と、活力をもらっています。
    有難うございます。

     寒い日が続いておりますが、くれぐれも御身体を大切になさって下さい。

    和賀 公威

    投稿者: 和賀 公威

  • 足るを知る。大事だと思います。

    投稿者: 藤井智浩

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介