起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2011年2月 3日 (木)

日本人・アジア人・地球人 ダボス会議2011~(6)ツイッターで綴る帰路の風景

皆に別れを告げて会議場を出る。アウディに乗り、ダボスの街中を走る。空は水色で大地は白い。気分は、晴れ晴れとしている。今からホテルに戻り、チェックアウトして、ヘリポートに向かう。

気分良く車で走っていたが、問題発生。デモで、通行止めだ。

デモの合間を縫って、ホテルにたどり着き、今はヘリポートに向かう最中だ。今度は、サッカー日本代表の番だ。頑張れ、日本!

ヘリポートに着いた。最高の天気だ。今からヘリの発進だ。

羽がまわり、機体が浮いた。

今アルプスの山頂と同じ高さまで上がった。

眼下にクロスターの街が見え、スキー場も見える。彼方に尖った山が見える。オーストリアとの国境だと言う。『サウンド・オブ・ミュージック』のオープニンクを思い出す。

アルプスの山は、ゴツゴツしていて岩肌が露出している。その山を越えて、ヘリは飛ぶ。

山を越えたら、平地が広がる。チューリッヒ湖が見え、街も見えてきた。ヘリが、ゆっくりと降下する。

空港が見えて、到着した。

これからロンドン経由でジェッタだ。


2011年2月2日
三番町の自宅にて
堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/50764829

コメント(0)

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介