起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2011年3月13日 (日)

日本人・アジア人・地球人 日本の皆さまへ ~大震災にひるむことなく、ニュースに心を奪われることなく~

日本の皆さまへ

2011年3月11日、日本における観測史上最大のマグニチュード9.0の東日本巨大地震が発生しました。地震後の津波、火災の映像には、目を覆いたくなるものばかりです。死者や行方不明者の数は、増え続けております。グロービスの全職員を代表しまして、この災害の影響を受けられた皆様に、心よりお見舞いを申し上げますとともに、ご冥福をお祈り申し上げたく存じます。

この未曾有の大震災に際して、重要なことは、冷静になり自分ができることと、自分ができないこととを見極めることだと思っています。正しい行動をすれば、小さな行動であっても、積み重ねれば大きな力になると信じております。

グロービスは、3月11日に帰宅困難者のシェルターを提供し、3月13日にいち早く東京校を正常状態に戻すべく、開講を決断しました。インフラ各社が夜を徹して復旧してくれているならば、被災地ではない東京は、一刻も早く正常状態に戻ることが重要であると考えての行動です。被災地への司令塔、グローバル社会の窓口としての首都圏の機能を正常に戻し、冷静沈着な行動を行う事が、世界へのメッセージとなるのだと信じています。当然、教室では、暖房を切り、節電を意識しながら、クラスを実践しております。また、法人のお客様企業から頂いている研修プログラムや組織変革プロジェクトに関しましても同様に、お客様企業の意向を尊重しつつ、いつでも実施が可能となるようにグロービスとして準備すべきことは最大限怠りなく進めて参ります。

グロービスでも義捐金を募る活動等を始めました。また、3月14日には、「東日本巨大地震~今僕らにできること」と題したシンポジウムも実施します。今後とも、リーダー育成機関の範たる行動をとり、日本を元気にしていくためのメッセージを発信し続ける所存です。

「大震災は、日本を滅ぼさない。寧ろ、日本を精神的に強くする可能性がある。リーダーシップをうまく発揮すると、自らの力で復興をし、更に強い社会を創れるチャンスとなるのだ」(ファイナンシャルタイムの論調より)。

この現況下においても、日本人は、精神的な強靭さ、奉仕・協力を惜しまない無私の精神を持ち、秩序ある組織だった活動を開始しております。グロービスは、その活動を誇りに感じております。

大震災にひるむことなく、ニュースに心を奪われることなく、この国をよくするために、
グロービスも日本の皆さまとともに前を向いて歩んで参りたいと思います。

グロービス経営大学院
学長 堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/51107806

コメント(3)

  • 堀 義人 様

    はじめまして。
    私は、福岡市内のIT会社で、韓国人を九州に集客する旅行サイトを運営していています。

    九州は地震の被害や影響は殆ど無いのですが、3月の予約が90%キャンセル、4月~5月の予約も既に半数がキャンセルとなっています。
    (他の韓国の旅行代理店も同様の状況です。)

    韓国の大手航空会社もキャンセルチャージ無しで、日本行きのエアーはキャンセル対応しています。

    当社は、システムで予約の仲介をしているだけですので、損害は微々たるものですが、受け入れ先の旅館やホテルは、打撃が大きいものとなっています。

    この原因は地震もありますが、原子力発電所の爆発が韓国のTVメディアで繰り返し放映されていることです。
    (日本政府の歯切れの悪い会見も悪影響を与えているのではと思います。)

    堀さんのような海外に影響力のある方に、大阪以西の日本は安全で通常の生活をしていること、また被災者以外の国民はなるべく通常の生活を続けることをWebメディア等で発信を続けていただければと思います。

    地震の被災者の方々のご苦難には、かける言葉もありませんが、被災地復興への取組と合わせ、このような試練に負けず、これまで同様に日々発展する日本を維持し、子供たちに将来の希望を与えることも重要だと思います。

    今後の日本経済も心配です。。。

    今こそ「日本の底力」を!

    長文となり失礼いたしますが、最後に、被災者のご冥福を心よりお祈りいたします。

    投稿者: 枌 大輔

  • 堀様

    メール読ませていただきました。
    今回の巨大地震に対する海外メディアの日本対する報道はわれわれ日本人に勇気を与
    えてくれます。
    危機に直面したときの団結力、集団としての規律は高く評価されていると思います。

    投稿者: 丸山弘昭

  • とんでもない状況になっっています。
    「地震に対する備えは功を奏したが、津波に対する備えがなっていなかった。」
    停電時ディーゼル発電が・・・、海水を直接入れるタイミング・・・、膨れ上がった風船に更に水を入れるようなもの・・・、水素の発生は爆発前から予測・・・など、人災だという声も上がり始めています。
    ただ、東電の社員を始めは現場の最前線で頑張っている方々は立派だと思います。
    この際、各所、各国の専門家に情報を開示し、今から出来る適切な対応を期待したところです。
    昔、「ベンチがアホやから野球がでけへん。」と言って現場を放り投げたピッチャーが居ましたが、
    「ベンチはアホ(?)だけど現場で頑張る」方々に期待し応援したと思います。
    本当にお願いします。頑張ってください。
    プライドも、縦割りも、縄張りも、学派も、全てをブチ破って、情報開示をし、意見交換をし、そして最善策を絞り出して下さい。
    原発を落ち着かせ、電力供給を安定させ、経済基盤を安定させ、インフラを整備し、トヨタ、IHI,その他東北の産業を復活させ、外貨を稼ぎ、復興を早められるようになってほしい。
    「あの出来事がきっかけになった」、「原発の安全対策は進化した」、「あれで垣根を越えてオールジャパンで突き進むことの大切さと力強さを確認できた」、「日本再生、日本復活の起点になった」そう言える日が来ることを心の底から祈ります。
    その”道すがら”の節電、停電、その他もろもろ、全て乗り越えます。
    ブログの内容とは対応せず、乱文にて失礼しました。

    投稿者: S小M中

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介