起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2013年6月10日 (月)

日本人・アジア人・地球人 アジア7都市訪問ツアー~3)シンガポール、バンコクでのグロービスセミナー

夜中の1時過ぎに、シンガポールに到着。気温は30度。珍しくチャンギ空港のイミグレーションが混んでいた。機内で、アクターズ・スタジオのヒュー・ジャックマンの対談を食い入るように観た。僕は、このアクターズ・スタジオシリーズが好きだ。映画『レ・ミゼラブル』のシーンを挟みながらのトークは、絶妙だった。

ホテルに到着し、洗濯物を終え、ベッドに入った頃は夜中の3時近くになっていた。

翌朝、シンガポールの投資家とのブレックファースト・ミーティングを終えて、グロービスシンガポールのセミナー会場に向かった。午前10時から80名近くの聴衆の前で、「グローバル人材の育成」について英語でプレゼンして、質疑応答を受けた。とても熱心な方が多かった。

シンガポールでのセミナーを終えて、11時半に会場を後にした。シンガポールセミナー後の懇親会に参加できなかったのが、申し訳ない気持ちでいっぱいだった。ご参加頂いた皆さま>感謝です。シンガポールでの滞在時間は11時間強。その間に、寝て、投資家と会合を持って、スピーチをしてとあっと言う間だった。

そして、チャンギ空港からバンコクへ。この出張の間、ほぼ毎日フライトがある。上海からシンガポールまでは、フライト時間が5時間半。シンガポールからバンコクまでは2時間程度だ。今回はなんと時差を利用して、シンガポールとバンコクで講演会のダブルヘッダーなのだ。体調管理が重要だ。

バンコク空港到着。前の晩に続きシンガポール航空の出発が遅れたのだが、到着後の道路が空いていたので、午後3時半過ぎには、ホテルに着いた。

これで「アジア7都市訪問ツアー」のうち、6都市まで来たことになる。グロービスは、日本に5つのキャンパスがあり、アジアに上海、シンガポールの二カ所の事務所を持つ。日本企業の国際化に合わせて、グロービスの国際化を進めている。経営大学院は、日英の2言語で全ての科目を教え、日本最大規模となった。企業研修では、中国語での教育も行っている。僕は、最も投資対効果が高いのは人材への教育投資だと思っている。世界次元で戦える人材を育成するのがグロービスの使命だ。次の海外拠点は香港やバンコクか?

9日間で7都市も訪問すると、一番苦労するのが、洗濯・クリーニングだ。バッグを都度預けると、空港での荷物の待ち時間が長くなる。機内持ち込みとなると、自ずと鞄が小さくなり、下着・ワイシャツ類などの着替えを最小限にすることになる。だが滞在が短いと洗濯に出す暇が無い。そこで、自らが洗濯・アイロンをすることになる。

バンコクのセミナーは、日本語だ。日本人のお客様が多数来ていた。これからアジアで、アジアン・リーダーズ・プログラム(ALP)と言う幹部向けの公開講座を開講する。その宣伝を兼ねたスピーチだ。

質疑応答が終わった後に、iPadでサッカーW杯の最終予選の結果を知る。やったー! 懇親会の乾杯の挨拶の際に、聴衆に「日本、W杯出場決定!」とアナウンスしたら、皆とっても喜んでいた。

懇親会を終えて、怒涛の「一日でシンガポール・バンコクの2セミナー」を完了して、グロービスが誇る美女軍団と、思わずガッツポーズした。日本の5回連続ワールドカップ出場を祝して!

20130610_03_01_4


そして、翌日バンコク空港に向かう。これから「アジア7都市訪問ツアー」の最後の都市ネピドーに向かうのだ。ミャンマーを訪問するのは、今回が二回目。前回は、8年前だ。その時には、今後は首都をネピドーにするとアナウンスされていた記憶がある。前回は、ヤンゴンとバガンを訪問した。

7都市目のネピドーでは、どのような「風景」が広がるのだろうか

2013年6月9日
自宅にて執筆
堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/57562058

コメント(0)

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介