起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2013年9月26日 (木)

日本人・アジア人・地球人 ニッポン未来会議~いよいよ10月6日(日)13時からBS-TBSにて放映開始!

僕は今までは、全てのテレビ番組への出演をお断りしてきた。学生時代にもテレビ出演の話があった。グロービス創業後にも、NHKスペシャルや日曜日の朝の政治討論番組をはじめとして、数多くの出演依頼があった。だが、すべて断ってきた。理由は簡単だ。目立つのが嫌だったからだ。日本では目立つと叩かれる。特に若いうちに目立つとロクなことが無い、というのが僕の結論だった。

だが、先の大震災で方針を撤回することにした。「目立ちたくない」というわがままを言っても、世の中の危機は、待ったなしだ。方針撤回のきっかけになったのが、孫正義さんとの「トコトン議論」だった。

世の中が「反原発」に流れている中で、「この流れを止めなければならない」と、僕は日本が間違った方向に流されていくことに強い危機感を持っていた。だが、誰も発言をしてくれない。政治家も、経済人も、学者も、なかなか「反原発」に反論をしてくれないのだ。政治家は選挙を気にして、経済人は不買運動を恐れ、学者は御用学者のレッテル貼りされるのを嫌がっていたのだ。ごく少数の勇気ある人々のみが、原発の必要性を細々と訴えていたのが実情だった。しかもそうした訴えをした人のツイッター・アカウントは、常に炎上していたのが実情だった。当然、僕のツイッターは炎上し続けていた。

この逆風下で、僕は孫正義さんに「トコトン議論」の場で挑むことにした。トコトン議論のプレゼンの冒頭に僕が言ったのが、「今までマスコミは避けてきた。だが、もう黙っていられない。ボコボコにされても構わない。自らの信じることを発言することにした」、ということだ。このトコトン議論で僕は、オープンな場での議論の重要性を認識した。また孫正義さんが「ミニマム原発論」という原発容認派に転向していたのにはビックリした。同様に多くの反原発論者が原発容認に変わり、容認論者が肯定に変わり、原発肯定論者が発言するようになったと僕は感じていた。「世論は、真剣になり議論すれば、必ず変わる」というのが僕が到達した結論だ。つまり、「オープンな場で議論をすることは、様々な意見に触れることができるうえに、世論醸成のために重要である」ということだ。それが、G1サミットでも立ち上げ以来実施してきている議論の精神だ。その議論を通して僕も多くを学び、そして自分が考える日本の進むべきビジョンを「100の行動」としてウェブ上で発表している。

9月18日の夕方より、新番組の「ニッポン未来会議」の収録が始まった。この番組の狙いは、「議論を通して、日本を良くする」だ。メインキャスターを僕が務めることになった。日本を良くするための議論がここから始まるのだ。その精神は、G1と同様に以下3つだ。

「批判より提案を!」
「思想より行動を!」
「リーダーとしての自覚を!」

批判は誰にでもできる。重要なのは提案だ。考えていても変革は起きない。行動が必要だ。そして、誰かがやってくれるからいい、では何も変わらない。国民一人一人が自覚を持ち、自ら積極的に変えないと世の中は変わらないのだ。

初回の「ニッポン未来会議」の収録のプレゼンターは内閣官房副長官の世耕弘成さんとジャーナリストの津田大介さんだ。そして、コメンテーターは、シンクタンク・ソフィアバンク 代表の藤沢久美さんとフライシュマン・ヒラード・ジャパン社長の田中慎一さんだ。控室で、軽く打ち合わせをした。皆、親しい仲間なので、最初から息が合っていた。緊張の中で収録が開始された。

「ようこそ、『ニッポン未来会議』へ」のセリフで始まり、プレゼンターの7分のプレゼンが、それぞれ行われた。そして、コメンテーターのコメントをもらい、会場を交えての議論が繰り広げられた。そして、僕のまとめがあり、最後に、「日本の未来をつくるのは、あなたたちだ」の呼びかけで終わるのだ。

◆「ニッポン未来会議」のtwitterの公式ツイッター・アカウントも開設した。 
 『ニッポン未来会議』サポーターアカウント
◆Facebookはこちらです。
 『ニッポン未来会議』サポーターコミュニティ
◆BS-TBS新番組「ニッポン未来会議」予告映像30秒バージョンも、YouTubeにアップされた! ぜひシェアしてほしい。
 BS-TBS新番組『ニッポン未来会議』予告30秒バージョン

そして、10月6日(日)13時、いよいよ僕がメインキャスターをつとめるBS-TBS番組「ニッポン未来会議」が始まる。是非観てほしい。当日13時から13時54分まで、グロービス東京校でパブリックビューイングを行い、14時から15時まで、「堀義人にダメ出しをする会(仮称)」と言う大反省会も行う予定だ。是非来てほしいです。来られない場合でも、#ニッポン未来会議 でツイッターでつぶやいてほしい。

なぜならば、「日本の未来をつくるのは、あなたたちだ」からだ。


2013年9月25日
沖縄に向かう機内にて執筆
堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/58268252

コメント(0)

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介