起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2014年12月 5日 (金)

個人 人生で実現すべきことリスト

かなり前に、ジャック・ニコルソン×モーガン・フリーマンが主演する映画「最高の人生の見つけ方」という映画を見た。死ぬ直前にやりたいことを全て「バケットリスト」として列挙して、全てをやっていく映画だ。以前、チラッと読んだ雑誌のゲーテに、「死ぬまでに果たしたい人生50の夢リスト」の特集があった。参考になるかな、と思い読んでみたが、著名な起業家等が列挙したリストのほとんどは、僕が実際にやっていることか、その途上であることに気がついた。

「かなりいい人生を送らせてもらっているなぁ」と気づき、思わず天に感謝したことを思い出した。飛行機で移動中に、何気なくデスクトップのフォルダーを見ていたら、以前ツイッターで列挙した「バケットリスト」が、入っているのを見つけた。

そこで、そのリストに追加アップデートする形で、僕の「人生実現すべきこと12のリスト」を完成させてみることにした。

(1) アジアNo.1の大学院を創り、数多くの「創造と変革の志士」を輩出すること。これは、僕の天命とさえ思っている。

(2) 日本版ダボス会議であるG1サミットを発展させる。多くの仲間が集い、交流し、その仲間とともに、日本を良くする行動を起こしている。

(3) G1の仲間と、日本を良くするビジョン「100の行動」を書きあげ、仲間と一緒に1つずつ実現していくこと。その結果、僕らの大好きな国である日本が再生し、良い形で次代に引き継ぐことができるようになっている。この責任もしっかりと果たしたい。

(4) ワークスアプリケーションズ、グリーに続く、多くのベンチャー企業を生み出し、日本のダイナミズムを創ること。今、グロービスでは、スマートニュース、メルカリ、ランサーズ、ユーザーベースなどを支援中だ。もっと多くの素晴らしい会社を生み出したい。

(5) ダボス会議のセンターステージに立ち、世界を代表するオピニオンリーダーとして登壇すること。そして、世界のトップリーダーと友達になり、「アジア人」・「地球人」の一員としてアジア・世界の未来に貢献すること。今、着々と実績をつくっている最中だ。

(6) 本を10冊出版し、多くの人に、知恵、夢、勇気を与えること。「吾人の任務」「創造と変革の志士達へ」「人生の座標軸」等を執筆済みだ。グロービスは、MBAシリーズを出している。その最初の「MBAマネジメントブック」を執筆した。グロービスの知見録に多くの知の蓄積をしていきたい。

リストを書いている最中に、お風呂場から子供達の「パパ~、一緒に入ろうよ」のかん高い声が届く。今から、子供達とお風呂に入って来よう。お風呂場に入り、子供達を腿の上に乗せて、洗ってあげる。子供達は、これが大好きだ。もう少し大きくなったら、一緒にお風呂に入ってくれないであろう。今の瞬間を楽しみたい。

(7) 何気ない日常の中で、家族や親しい仲間とともに時間を過ごしていることに、心温まる幸せを感じること。

(8) 水泳の世界マスターズに参戦し、世界記録(年齢区分の)をいつか(80歳を過ぎてから)樹立したい。今、ジャパンマスターズに11年連続参戦中。10回連続出場のメダルもゲットしたし、8位以内の入賞者のみがもらえるメダルも8年連続ゲットしている。

(9) 世界中を旅したい。今、60カ国訪問中。まだまだ世界各地を周り続けたい。アジアでは、まだモンゴル、ネパールに行っていない。中東のイランもイラクも治安が安定したら行きたいし、南米のアルゼンチンやチリにも行ってみたい。

(10)一生涯、囲碁を楽しみ続けたい。昨年、日本棋院の理事を拝命し、日本で唯一の世界棋戦であるグロービス杯世界囲碁U20を主宰している。グロービス杯は、30年は続けたい。そして、「日本棋院100周年ビジョン」を描き、日本の囲碁人口が増え、日本のプロ棋士が世界で活躍し、囲碁界が発展することに尽力したい。

(11)80歳までスノボと山登りを楽しみ続けたい。可能な限り1シーズンに15日はスノボを楽しみたい。足腰を鍛えるためには、春・夏・秋で8回は山登りを楽しみたい。スノボは世界の著名スキーリゾートで滑り、夏山は日本の100名山を制覇したい。

(12)「心」も陶冶したい。密教の教えを修得して、座禅・瞑想などで、心の平静を常に維持し、「吾唯足知」の精神的充足感に到達したい。一方では、陽明学の心即理・知行合一・致良知・万物一体の仁の思想に従い、高校の校歌の通り「誠に至り、天地を動かす」境地に達したい。でも、まだまだなので、日々修行ですね。

書き始めたらキリが無いので、この辺でやめておきます。夢は膨らみ続けます。人生には、まだまだ楽しいことが待っていそうだ。

「人生を楽しむことの天才と称する遊び人」とプロフィールに記載されている通り、何歳になっても、一度しかないこの人生を、素晴らしい仲間とともに、思いっきり楽しみ続けたい。

2014年12月5日
LAに向かう機内で執筆(2010年ごろに書いたツイートをもとに大幅に加筆)
堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/60764243

コメント(1)

  • 今回もそうですが、いつも堀さんの文章を読んで刺激をいただいています!

    これまでにいただいた刺激の中で、今、私が実行していることをお礼かたがた報告します。

    ・社長も参加する読書会。年間15冊くらいを選び、社員の中から希望者を募って、堀方式そのまんまで3年間続けています。若手社員が仕切ってくれていて、頭が下がります。

    ・どこかの雑誌に載っていた堀さんの記事「毎日、スケジュールを10分間くらいじっと見て、考える」という習慣。真似したい!そこで記事を切り取って、手帳に貼ってます。(^^)

    ・MBAマネジメントブックを教科書にして、土曜日に有志の社員が集まり、毎回5項目ずつ選んで関連する事例を集めて発表する、という勉強会を始めました。年間25回の開催で全項目をやります。

    ・クロールで泳げなかった私が3年前に水泳を始めて、トライアスロンにつながっているのも、堀さんのコラムの影響が大きかったのではないかと。

    ということで、数々の刺激を本当にありがとうございます!!

    投稿者: K.Suda

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介