起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年3月29日 (水)

日本人・アジア人・地球人 【日経コラム】自分の頭で正しく考える

「物事の本質をとらえるコツは何だと思う」。子どもたちにこう問いかけてみた。夕食時にテーマを決めて話をする堀家恒例の「学びトーク」が始まった。少し難しい質問なので、先人の知恵を紹介しながら説明することにした。

「陽明学者の安岡正篤氏によると、本質をとらえる方法論は3つある。1つ目が枝葉末節ではなく大枠を俯瞰(ふかん)すること、2つ目が一面的でなく多面的にみること、3つ目が短期的ではなく長期的にみることだよ」

次に違う質問をしてみた。「近代科学の父と言われるデカルトが『我思う、ゆえに我あり』と言ったけど、これはどういう意味だと思う」。子どもたちにいくつか答えを出させたうえで、説明し始めた。

「デカルトが疑い続けて到達した結論は、『自分が考えている。だから自らは存在する』ということなんだよ。デカルトは、その考えている自分を立脚点にして、自分が確認した事実と、真理と認めた法則性からのみ論理展開をすることに決めたんだよ。生物が神の創造物とみなしていた宗教的思想や天動説が支配する時代に、デカルトが合理的な考え方を推し進めて学問の基礎を築くことができたのはこのためだよ」

こう話したところで、僕は中学校時代にスイミングクラブに所属していたころを思い出した。なぜだか知らないけど、個人所有のビート板に「常識をぶち破れ!」と書いていたのだ。プールでバタ足をする時に顔を上げると、その文字が目に飛び込んでくる。だからかもしれないが、疑う事が習慣化している。デカルトと同様に事実と認めたものと、真理と確認した法則性のみで自らの論理を展開するようにしている。

「では、そもそも考えるって、どうすればよいと思う」と抽象的な質問をぶつけてみた。考えることは重要だが、どう考えたらよいのかと問われるとなかなか説明しにくいものなのだ。

「実は考え方を学ぶことは可能なんだよ。ちょうど、正しい走り方を学ぶと速く走れるように、考える方法論を学ぶと論理的で適切な考え方ができるようになるものだよ。その考える手法は『クリティカルシンキング』という科目でグロービスでも教えているんだよ。(米国の有力コンサルティング会社の)マッキンゼー初の女性コンサルタントであるバーバラ・ミント氏が考え出した『ピラミッド・プリンシプル』という手法がその一つだよ」

「ピラミッドの頂点には、結論がある。その結論を複数の理由で支える。それぞれの理由はさらに複数の事実を根拠にしている。このようにピラミッド構造を基に論理展開すると、思考を整理しやすいんだよ」

事例があるとわかりやすいから、豊洲市場移転問題を例にとって説明することにした。「移転の可否の結論を導くために考えるべきポイントの1つ目は安全性、具体的には築地と豊洲の土壌汚染や建築物の安全性の比較だ。2つ目が経済性。築地の跡地利用による収益や豊洲の費用コストなどだ。3つ目は環状2号線を含めた都市計画があげられるよね」

「『豊洲の土壌汚染が問題だ』と言って短絡的に移転を延期するのではなく、築地の建築物の老朽化や土壌汚染との比較に加えて、経済性や都市計画などを総合的に考える必要があるんだよ。知事がどう言ったか、メディアがどう報道したかは関係なく、自らの頭で考えることが重要なんだよ」。子供たちは、具体的事例のおかげで、理解が進んでいるようだった。

「本質を見極めるには、俯瞰的、多面的、長期的に物事をとらえ、人の考えに流されずに常に疑い、事実をもとに正しい方法で自分の頭で考え続けることが重要なんだよ」

そして、次の言葉で学びトークを締めくくった。「パパは君たちに自らの頭で考えて行動する人間に育ってほしいと思っているよ」

※この記事は日経産業新聞で2017年3月24日に掲載されたものです。
日本経済新聞社の許諾の元、転載しています。

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/65080810

コメント(1)

  • 古川さんの紹介でこのブログを確認しました。堀さんのメッセージの趣旨は理解しました。私も「安岡正篤」氏を尊敬しており著書を数冊持っていますが、なかなか難解で理解できずにいます。「俯瞰的、多面的、長期的に物事をとらえ」というのは、よいポイントであるし、また「自らの頭で考えて行動する人間に育ってほしい」というメッセージも素晴らしいと思います。
    ・・では、その例に豊洲問題をあげていらっしゃるのですが、「俯瞰的、多面的、長期的」の視点で考えた例が、「築地の建築物の老朽化や土壌汚染との比較に加えて、経済性や都市計画などを総合的に考える」なのでしょうか?その点が疑問です。
    また「『豊洲の土壌汚染が問題だ』と言って短絡的に移転を延期するのではなく」というのも問題ありですね・・。

    例えば、「豊洲の土壌汚染が見つかったので、短絡的に移転せず」として、
    俯瞰的 ⇒ 築地の抱えている課題、豊洲の抱えている課題、これまでの経緯、この時間を取り巻く人間模様、議会、背景など、
    多面的 ⇒ 経済面、道路事情、市場の在り方、オリンピックの準備など
    長期的 ⇒ 将来起きうるであろう人口問題、耐久年数、など
    (3つの分け方は、私も難しいですが)つまりはこのような観点で
    「自分たちでもう一度移転すべきかどうかを考えてみよう」と促すのが、堀さんの言いたいことでは?
    なにか、堀さんの例では「豊洲移転を延期したことが問題で(延期せずに)自分たちで(早期移転する方法を)考えよう」と言っていますね。これでは結論ありきで結果を誘導しているのと同じでは?? 
    今、小池都知事は「総合的に判断する」といって、いろんな判断材料を集めています。まさに「俯瞰的、多面的、長期的」の視点で考えているのではないでしょうか?

    投稿者: 村上 竜一

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介