起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年2月22日 (水)

世界を動かす「インナーサークル」がある。僕が世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)へ参加するたびに感じていることだ。国際機関トップ、各国首脳、中央銀行総裁、大企業トップ、著名ジャーナリストなどがプライベートな会合を数多く開いている。そこで世界の諸問題を議論し、解決に向けたアクションが決められる。

続きを読む……“【日経コラム】グローバルリーダーへの見えない階段(ダボス会議報告4)”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年2月15日 (水)

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)には多様なステークホルダーが参集する。政治家、経済人、国際機関、中央銀行、学者、NPO法人、宗教家、科学者、シンクタンク、ときには俳優――。集うメディアの数も非常に多い。各セッションはほぼ全て生放送で配信され、アーカイブに残る。

続きを読む……“【日経コラム】世界会議で発言、世論左右(ダボス会議報告3)”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年2月 8日 (水)

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)でもう1つ実感したことは、世界でリーダーや体制への信頼が崩壊していることだ。会議初日の朝に開催される、米大手PR会社エデルマンによる信頼度調査報告の結果は、主催者の表現によると「壊滅的」なものだった。特に顕著だったのが次の3つだ。

続きを読む……“ダボス会議報告2)リーダーとメディアへの信頼、世界で崩壊”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年2月 1日 (水)

日本人・アジア人・地球人 ダボス会議報告1)国際秩序崩壊の危機

世界経済フォーラム年次総会(ダボス会議)に参加した。今年で10回目の参加となるが、今回ほど衝撃を受けたことはなかった。英国の欧州連合(EU)離脱やトランプ政権誕生を巡る各界リーダーの話を聞き、戦後70年かけて築いてきた国際秩序がガタガタと音を立てて崩壊していくのを実感したからだ。

続きを読む……“ダボス会議報告1)国際秩序崩壊の危機”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年1月25日 (水)

日本人・アジア人・地球人 トランプ大統領の怪物級発信力に屈しない

米女優のメリル・ストリープさんがゴールデン・グローブ賞の授賞式でトランプ次期米大統領を批判した。障害を持つ記者をトランプ氏がからかったことについて、ストリープさんが嫌悪感を覚え、社会に警鐘を鳴らしたのだ。名指しをしなかったこともあり、抑制的でしかも感動的なスピーチだった。一方、トランプ氏はツイッターでストリープさんを「最も過剰評価されている女優」と名指しで個人攻撃した。

続きを読む……“トランプ大統領の怪物級発信力に屈しない”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年1月23日 (月)

ダボス会議5日目、最終日の様子です。ダボスの地で、ドナルド・トランプ氏の米国大統領就任式を視ました。やはり、選挙キャンペーン中とほとんど変わらない演説内容でした。保護主義的、孤立主義的、内向きの政策が世界にどのような悪影響を及ぼすのか心配です。日本はいろいろな意味で、もっと強くなる必要がある、そのために尽力したいと決意を新たにしました。

続きを読む……“堀義人のダボス会議2017速報(4)完 ダボスで聞くトランプ就任演説、暗雲が世界を覆い始める”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年1月20日 (金)

ダボス会議4日目の様子です。テリーザ・メイ首相の講演や、ヨーロッパの未来を考えるセッション、新国連事務総長の講演に参加して、「世界を正しい方向に力強く導くリーダー」の必要性を痛感しました。日本のリーダーにとっては、自ら考え抜き、世界という舞台で大胆に行動することがますます重要になってきます。日本が政治的、経済的、社会的にもしっかりとして、世界のリーダーシップを発揮する必要が出てきています。

続きを読む……“堀義人のダボス会議2017速報(3) 世界を牽引するリーダーの不在を痛感”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年1月19日 (木)

ダボス会議3日目の様子です。早朝の「チームジャパン戦略会議」に始まり、夜はジャパンナイトと盛り沢山でした。最も強く印象に残ったのは、ジョー・バイデン米国副大統領のスピーチ。「第二次世界大戦が終わってから欧州・米国が二度と戦争を起こさないために作ってきた自由貿易、安全保障体制、EU統合等の努力が、今逆戻りし始めている。何が何でもこの流れを止めなければならない」と世界に警鐘を鳴らすもので、日本が果たすべきこれからの役割について考えさせられました。

続きを読む……“堀義人のダボス会議2017速報(2) 「第二次世界大戦後に築きあげてきた世界秩序が崩壊し始めている」”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年1月18日 (水)

ダボス会議(正式名称はWorld Economic Forum Annual Meeting)に参加しています。2004年の初参加以来10回目になりました。英国のEU離脱や米国トランプ大統領の誕生など想定外の事態が起こるVUCA(Volatile, Uncertain, Complex, Ambiguous)時代において、世界のリーダーたちがどのような議論を行うのか、その様子を速報的にお伝えしていきます。まずは、1日目と2日目をまとめて。

続きを読む……“堀義人のダボス会議2017速報(1) Brexitやトランプ氏への不安蔓延、「対話」の重要性と「日本」の役割を痛感”

起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2017年1月18日 (水)

僕が最も影響を受けた思想が、陽明学と密教である。

僕が密教に興味を持ったきっかけは、尊敬する起業家である斑目力昿氏(ネミック・ラムダ=現TDKラムダ=の創業者)との出会いだ。斑目氏は高野山大学で学び、僧侶の資格を持つユニークな起業家だ。20年ほど前に、斑目氏と高野山の宿坊に泊まり、密教思想に触れる機会を直々に頂いた。その後、真言密教を大成した空海の著書や空海に関する書物を、僕は乱読し続けた。

続きを読む……“リーダー論に通ずる陽明学、心の陶冶を学ぶ”

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介