起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2005年9月14日 (水)

日本人・アジア人・地球人 今後のYES!プロジェクトの方向性

「発起人の方々へ」というタイトルで、8月27日に岐阜県在住のハンドルネーム「こおし」さんからGREEに書き込みがあった。

「9月11日の選挙後のお話ですが、YES!PROJECTはどのように運営されていくのでしょうか」、との問い合わせであった。僕は、その翌日、早速返事を書いた。

「ご提案ありがとうございます。m(__)m 9月11日の選挙後のことは正直言ってまだ考えていないです。

ただ、既に自民党、民主党にも支持を得ており、確実に短期間で知名度と広がりを見せているので、9月11日で終わってしまうのはもったいないとも思ってもいます。

地方への展開もグッドアイディアですね。20代から40代前半までの人々が集うと大きな影響力を持ちます。そして、「改革を進める」原動力になれたら、YESの発足の理念に合致した行動となると思います。

この際、皆さんから意見や要望を訊いてみましょう。(^^)

GREE参加の皆さん>9月11日以降のYESプロジェクトをどう運営すべきかご提案ありますか?」

その後、本日までに50件もの書き込みがあった。ふと見ると自然発生的に 「Next 『Yes!Project』の提案」というトピックスもできていた。そこからは、YES!プロジェクトの継続への強い意欲を感じ取ることが出来た。

僕は、その一つ一つの書き込みをしっかりと読み進め、今後のYES!プロジェクトの方向性をまとめることにした。

●YES!プロジェクトの存在する意義
YES!プロジェクトは、若手起業家が発起人となり、日本全国の若者に政治参加の機会を、リアルとバーチャルな場で与えるために存在する。

●YESプロジェクトの4つの活動:
具体的には次の4点を活動の主眼に置く。

1.若者に意見交換する場を提供し、政治に親しみを持ってもらう。
 YES!ブログ
 YES!@GREE
 YES!ナイト(最低四半期に一回開催する)

2.日本の政策決定に微力ながら関与する。
 まずは公職選挙法の改正から始める

3.選挙の際に政治家を選ぶ材料を与える
 「比較ドットコム」の実行(公職選挙法改正後)
 ※政治家比較ドットコムに関しては、幻と消えた「政治家ドットコム構想」 を御参照ください。

4.3つのYES!運動の継続的な展開。
  選挙に行こう!
  改革を進めよう!
  もっと発言しよう!

この4つの活動を中心としてYES!プロジェクトは、9月11日の選挙以降も活動していこうと思う。

●YES!発起人会(案)
更に、160名の発起人のフラットな組織を、キチンとした組織体制にする必要があった。発起人の方々の中から熱心な方々に声をかけて、以下9名体制で臨みたいと思う。ちょっと数が合わないけど、「九人の侍」かな。

堀義人(グロービス)         発起人代表

猪塚武 (デジタルフォレスト)     政策立案担当兼YESブログのモデレーター
神原弥奈子(ニューズ・ツー・ユー)  広報&ブログ構築アドバイザー
佐藤大吾(ドットジェイピー)      全体コーディネーション担当
田中良和(GREE)            GREE構築担当
西川潔(ネットエイジ)         起業家啓蒙活動担当
鉢嶺登 ( オプト )             「政治家比較ドットコム」担当
坂野尚子(ノンストレス)        SNSのモデレーター
舩川治朗(デジット)          イベント担当

<スペシャルサポーター>
大久保雄一( デザインアンドデベロップメント )  ピンの提供
富永律子 ( リミックス )         テーマソングと飴の提供
間下直晃 ( ブイキューブ )       ネット中継の提供

●YES!プロジェクトワーキンググループ
組織で一番重要なのは、ボランティアのワーキンググループである。

既に、Mixi上でYES!プロジェクトを展開してくれている関口あきとさんや、YES!ナイトで発言があった塩崎博亮さん、YES!ナイトをボランティアとして仕切ってくれたグロービスの児島には、ぜひ参加してもらいたいと思っている。

基本的には、以下の組織で担当分けをして、進めていきたいと思う。

・YES!ナイト実行委員会
・YES!ブログ実行委員会
・YES!@GREE&Mixi実行委員会
・政治家比較ドットコム実行委員会
・政策立案実行委員会

御興味がある方は、info@yesproject.comに名前と簡単な略歴&志望理由を明記の上御連絡ください。新しい形のボランティア組織をネットを使って展開していきたいと思う。

日本を変えていこうという意欲がある方は、どしどし応募ください。このようなボランティアスタッフがいないと、物事が前に進まないので、皆さんの積極的な関与をお願いしたい。

ゆくゆくは、このYES!プロジェクトから政治家が輩出されると面白いとも思う。
日本を僕らの力で変えていこう。YES!


2005年9月14日
ニ番町のオフィスにて
堀義人

トラックバック(5)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/48022892
  • 公選法は違憲、大法廷が判断を下す from [R] Richstyles!

    在外邦人の選挙権関連で公選法が違憲とされた。これを受けて同法が改正される機運が確実に高まっている。これを機にブログ等のITによる情報発信を 解禁しなければ改革の機会は暫く訪れない。ここで特筆すべき点は裁判で通信手段の発達が指摘された事実。しかし、手段が発達して、それに伴う「コンテン ツ」も解禁されなければ元も子もない。これを気に是非ブログ等のITも解禁されるように働きかけてもらいたい。 大法廷は公選法を違憲と判断し、請求を退けた2審・東京高裁判決を破棄して原告の選挙権を確認するとともに、国に1人当た...……続きを読む

    受信 : 2005年9月15日 (木) 15時57分

  • 「政治家比較ドットコム」について from 名古屋ではたらくサラリーマンのblog。THE WAY "Think Global, Act Local"

    グロービス 堀義人氏のブログ を初めて拝見して、「自分と同じ思いだ!!」と感じた。 自分は、全く「Yesプロジェクト 」のような活動を支援できるような立場にはない。 ただ、政治家の活動、思想など比較するサイトや、過去の国会の出欠席状況、各法案に対する賛成・...……続きを読む

    受信 : 2005年9月16日 (金) 00時59分

  • YES プロジェクトの今後 from 内山幸樹のほっとBlog

    昨日は、YEO の月例会に出席した。 その中で、YES プロジェクト発起人の堀さんの方から、 9月11日の選挙が終った後、今後YESプロジェクトをどうしていくかの発表があった。 内容は、以下。 1.若者に意見交換する場を提供し、政治に親しみを持ってもらう。  YES!ブログ / YES!@GREE / YES!ナイト(最低四半期に一回開催する) 2.日本の政策決定に微力ながら関与する。  まずは公職選挙法の改正から始める 3.選挙の際に政治家を選ぶ材料を与え...……続きを読む

    受信 : 2005年9月16日 (金) 15時21分

  • クリントン・グローバル・イニシアチブ from 時事を考える

    松本大さんが「クリントン・グローバル・イニシアチブ」という国際会議の紹介をされて……続きを読む

    受信 : 2005年9月17日 (土) 23時16分

  • YES!プロジェクトの今後 from おもうこと かんじること

    以前の[http://blogs.yahoo.co.jp/ysks1006/9755971.html/ 我々は主権者である国民]という記事の中で、YES!プロジェクトという、若手の起業家の方々が中心となった、若者の政治参加を促す取り組みに言及させていただきました。 総選挙が終わった今、今後の取り組みについて、発起人代表の堀義人氏(グロービス)のブログにコメントがありましたので、リンクを張りたいと思います。[http://blog.globis.co.jp/hori/2005/09/yes_.....……続きを読む

    受信 : 2005年10月14日 (金) 13時35分

コメント(4)

  • 堀さん、
    こんにちは。
    いつもお勉強させていただきありがとうございます。
    勝手ながら私の「お気に入りブログ」にリンクさせて頂きました。
    今後ともよろしくお願いします。

    投稿者: yang

  • こんなの見つけてみました。
    ご存知でしたらすみません
    http://www.publistella.net/

    投稿者: 自由人

  • 地味かも知れませんが

    「一票の格差の是正」って地味かも知れないけど
    大事なテーマだと思う。

    いままで暗黙の了解として
    「一票の格差を是正すると都市部で弱い自民党が不利である」
    だから
    「1票の格差の是正は後回し(できればやらずに・・)」
    ってのがあったと思う

    でも 今回、都市部で「自民党が大勝」したんだ
    これは いいチャンスだ

    自民党の都市の議員を働かせるべきだ。

    ロジックは多少ずるいんだけど
    「自民党に 今回の選挙で自民党が大勝したのは都市部で馬鹿が投票したからだ これは「衆愚政治だ」 それに対して 違うと言い切れるなら 一票の格差を是正して都市部の議席を増やしてみろ!」
    って感じで・・。

    地味だけど・・・本当に地味だけど・・・大事。

    投稿者: dd2dtty

  • 最近の北朝鮮のミサイル発射に関して、強烈な経済制裁が必要であると考えます。このような発言をどこですればよいのか教えてください。

    投稿者: Hiro

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介