起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2011年2月 3日 (木)

日本人・アジア人・地球人 ダボス会議2011~(4)菅総理のスピーチのツイッターによる実況中継

<菅総理のスピーチ>

菅さんのスピーチが始まる。最前列に陣取る。隣は、川口順子元外務大臣、竹中平蔵元経済財政・金融担当大臣、福山哲郎内閣官房副長官、長谷川閑史・経済同友会次期代表、小島順彦三菱商事取締役会長(今回の共同議長)、田坂広志氏他。クラウス・シュワブ氏からの紹介の後、スピーチが始まった。

菅さんは冒頭にエジプト情勢にコメントをし、自らの市民運動家としての経歴を披露。内向きを開国へ、「絆(Bonds)」を形成する。その二つ、開国と絆、を中心に話をする。(スピーチライターは、田坂広志さん。日本らしい、わかりやすい内容だ)。

最前列の要人が、ヘッドフォンを付け始める。英語の通訳が気になるようだ。竹中さんもキョロキョロし始めた。聴衆の反応が気になるようだ。

日本の外交を論じた後、開国を語り始める。(Opening up Japanのスライドが、会場に掲示される)。「第三の開国」を語る。TPPを協議始める。6月に結論を出す。EUともEPAをやる。日本食の良さをアピール。日本の農業量は、世界の第4位。

落ち着いていて、いいスピーチだと思う。原稿も読んでいない。言葉に力が入っている。スライドを有効に活用している。“Innovation”のスライドが表示される。EVやLEDなどの日本の技術をアピール。植物を使った代替エネルギーにも言及。

「最小不幸社会」に言及。”Least Unhappiness” のスライド。そして、“Work a place to be. Work a role to play” のスライド。そして、「絆」のスライド。螺旋階段に言及。田坂さんの持論が、ダボスの場で披露されている。”Human Society” のスライド。

ノーベル賞に言及。クロスカップリングは、ちょっとわかりにくいのでは……。最後に一礼。竹中さんの評価は、「良かった。菅さんらしさが良く出ていた」。

シュワブの質問に対しても、落ち着いて答えているが、メモをいじるのは、ちょっと……。途中でメモを置いた。よかった。ダボスではやはり、市民活動家としての「らしさ」を出すのが良いのであろう。

開国に必要なことは、頭の中、そして精神的な開国だ、と言及。

最後は、シュワブ氏から、パーソナルな質問として、「久しぶりの親が政治家でない総理大臣と聞いている。前の仕事は、弁理士であった。弁理士の仕事と、政治家の仕事の共通点は何か?」

菅さんの満面な笑みが出た。弁理士としてみるのは、「新奇性」と「革新性」だ。その視点で政治を司っていきたいと締めくくり、セッションを終えた。

隣で、辛口の竹中さんが、拍手しながら、「良かった、良かった」と言っていた。菅さんのスピーチは、良かったと僕も思う。良かった理由を分析すると、(1)姿勢が良かった(まっすぐ向いており)、(2)思想があった、(3)適度なアピールがあり、(4)人間性が良く出ていた。

<そして、その後の日本セッションに移行>

菅さんの冒頭の挨拶。「日本人は、もっと自信を持つべきだ。世界のリーダーに会うと、『日本を目指して頑張ってきたんだ』と言われる。国内だけの議論では、日本を再構築する議論は、生まれてこない。ダボス会議での議論を日本の再進撃のエネルギーにして欲しい」。そして、拍手の中、退席した。


2011年2月2日
三番町の自宅にて
堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/50756885

コメント(3)

  • 良いスピーチだったと思います。
    菅さんに対する見方が変わりました。
    メディアのフィルタにかかった姿だけで
    判断してしまっていた自分を恥ずかしいと思いました。

    今は、フィルタのかかっていない情報を自分で取りに行ける時代。
    (ダボス会議がリアルタイムで無料で視聴できるなんて!)
    そんな時代に生まれたことに感謝し、生かしていきたいと思います。

    自分の頭が、一歩開国に近づいた気がします。

    GMBA2010 塩野

    投稿者: 塩野 美里

  • 堀さん、久し振りのダボス会議報告書有難う。今回のは特によかったですよ。何より、日本の総理大臣のスピーチは日本の新聞ではぼろくそにかかれていましたから、堀さんの理論だった、その臨床感とともにまるで、会場に御一緒させて頂いている様な報告書は本当に嬉しかったです。日本も自民党だ
    民主党だとなどと言っている場合ではなく、日本の国益を左右さえするかもしれない。

    総理大臣のスピーチの足を引っ張って、一体日本のマスコミはなんの得があると云うのでしょうか? 記者クラブと云うのはまったく、日本のがんですね。国益をどんなに損ねているかあの人達にはわからないのかしら?

    久しぶりにとっても気持ちの良い記事でした。有難う。

    投稿者:

  • 8通のダボス会議2011の詳しい報告を読ませていただきました。ありがとうございました。
    日本のマスコミが菅総理のスピーチに厳しい評価をしているのに対し、
    堀さんは4の理由をあげてよかったと言ってられるのが印象的でした。
    また民主党、菅首相に辛口の発言が多い竹中さんがよかったと評価されているのは、
    意外であり、それだけ内容が充実していたと理解しました。

    投稿者: 比賀江 克之

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介