起業家の風景(エッセイ) 起業家の風景 一覧へ

2014年3月23日 (日)

日本人・アジア人・地球人 ツイッターで綴るG1サミット2014@八重山諸島~その4)4日目の風景

最終日は各島から戻り、再度、石垣島で全体会を開催した。竹富島、小浜島、西表島それぞれの思い、そして学びを胸に、日本を良くする議論が熱を帯びた。

これからワークショップ「100の行動が日本を変革する ~G1サミットから始まるイニシアティブ~」。モデレーターは、土屋聡氏、石黒不二代氏だ。これから18のグループに分かれて議論する。
Bjx8sotcmaa063p

テーマは、「医療」「雇用改革」「社会保障改革」「少子化対策」「NPO」「高等教育」「農業」「マイナンバー法案と政府IT化」「アートと文化」「TOKYO都市計画」「米国ロビイングと外交」「対外広報」「観光」「日本の産業再興」「対日直接投資」「新たな製造業」「起業活性化」など18項目だ。これから大いに議論をする。

その後、世耕弘成氏、秋山咲恵氏、御立尚資氏がコメンテーターとなり、僕がモデレーターの立場で、最後の全体会「100の行動が日本を変革する ~G1サミットから始まるイニシアティブ~」を実施した。まずは、政治、首長、スポーツ、官僚、メディアの5つの行動宣言が行われて、18のワークショップから行動のアイデアが出た。数多くのイニシアティブが、G1から生まれることを実感した。

最後のクロージング・セッションは、G1サミットのボードメンバーが登壇し、一言ずつコメントをもらう。恒例のスタイルだ。秋山咲恵氏、井上英明氏、岩瀬大輔氏、世耕弘成氏、田口義隆氏、為末大氏にG1サミットを振り返っての感想をいただいた。また、会場からは、乙武洋匡氏、菊川怜氏、コロプラの馬場功淳氏の3名にもコメントをいただいた。最後に僕が、今後のG1サミットのスケジュールを説明し、スポンサー頂いた方々に感謝を申し上げて、第6回目のG1サミットは幕を閉じた。

この石垣島→3島分泊→石垣島のオペレーションは本当に大変だった。結局、旅行代理店を一切入れずに、グロービスのスタッフがすべてを仕切った。おかげさまで、何事もなく終了した。最後は神様に感謝した。

今年は初めての南の島での開催だったが、今後は南と北で交互に開催し、北は被災地である宮城県、岩手県で実施する予定だ(既に福島県で2回。青森県でも実施済みだ)。来年のG1サミット@仙台秋保温泉でまた会いましょう(^^)/

2014年3月23日のツイッターのまとめ
堀義人

トラックバック(0)

この記事のトラックバックURL :
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/45572/61305592

コメント(0)

コメントを書く

お名前
メールアドレス 本サイト上には掲載しません。
URL
コメント本文(必須
コメントは管理者が公開するまで表示されません。
不適切な発言は、管理者の判断において削除することがあります。

はじめに

「起業家の風景/冒言」一覧

起業家の風景 最新コラム

起業家の冒言 最新コラム

メールマガジン配信

著書

グロービス 事業紹介